« 多様的バイブレーション効果。 | トップページ | 会えた。 »

2006年10月14日 (土)

人生に重要な影響をくれたお二人に会いに行こう。

あなたの人生に良い影響を与えてくれた人は誰だろうか?

私が能力開発の分野を生業としたのも、二十歳前後に出会った数人からの刺激が大きい。その内のお二人が揃ってイベントに登場されるので、私も顔を出したいと思っている。

影響を与えてくれたお一人は、七田眞氏だ。私の故郷である島根県・川本町の成人式で講演をして下さった人物だ。子供そして人間の大きな可能性と能力を、大きなインパクトをもって話して下さった。

百個程の黒丸を貼ったシートを一瞬見せるだけで、子供はその数を正確に言い当てられるようになるというドッツ法。幼児教育現場の臨場感溢れるエピソードに、どんどんと引き込まれていった。当時私は、ロボットなどの工学系に進もうとしていたが、2年後に大きく方向転換した。その切っ掛けの一つが、この成人式での七田氏のお話しだった。

SSI社で速聴機の開発コーディネートを担当し、4倍速速聴機を製品化したのが29歳の時だから、成人式から約10年が経過していたことになる。ドッツ法と速話聴取法は、脳の使い方で言えば全く異なるものだが、頭脳が情報を高速処理するようになるという意味では同じである。

速聴機を発売した頃、七田氏からSSI社のインストラクターに電話を頂いたそうだ。速聴に大いに関心を持って頂いていたとインストラクターから報告をもらい、とても嬉しかった。

成人式での七田氏の言葉でもう一つ、私の心底に残っていることがある。それはこんな言葉だった。「あなた達の多くは、これから大阪や東京に出て就職するんだろうが、これからは地元に残っても、やりたい仕事が出来るようになる。私も『なぜ、都会に出ないんですか?』と聞かれることがあるが、江津で充分にやりたいことが出来ている」

インターネットが整備された今、確かに私の今のビジネススタイルなら、ここ東京でも故郷の島根でも同じような活動が出来るかもしれない。いや、やっぱり今の私には未だ足りないものがある。当時の七田氏が既に持っていて、今の私に未だ無いもの・・・。

どこにいても同じようにビジネスが出来る。今、その力を得るための準備をしている。2年後の平成20年から、その効果が現れてくるはずだ。人を惹き付けるオリジナリティ。これこそが、自分のビジネス力を強くする。

工学的手法による自己管理技術SeSMaT(セスマット)の構築がいよいよ弊社でスタートした。振り返れば、紆余曲折の結果今に至ったのだが、全て踏まなければならない経験/通過点だったような気がする。

今度のイベントにもう一人、若い頃の私に影響を与えてくれた人が登場する。志賀一雅氏だ。志賀氏は、脳波バイオフィードバック訓練の分野における草分け的存在で、フィードバック装置の開発から実際の訓練法の指導まで、信頼できる研究者だ。

私がSSI社に入社した頃、工学的分野と自律訓練分野の両方に詳しい人がいなかったので、ライバル会社の社長だった志賀氏に素姓を隠して電話して色々とご教授いただいた。(すいません) 今は私のもとにも、同業他社のスタッフから偽名の電話が入る。電話を受ける方は分かるもんなんだな。でも、業界の健全な発展のために、出来るだけ応じるようにしている。きっと志賀氏も同じ気持ちだったと思う。

その七田眞、志賀一雅の両氏が登場されるイベントが今年も開催される。「いきいき脳フェスタ2006 in 東京女子学院」だ。脳波フィードバック装置「FM-515A」「FM-717」、速話聴取マシーン「デジヴォ」も展示される予定だ。あなたの人生に重大なインパクトをくれる出会いがあるかもしれない。

「いきいき脳フェスタ2006 in 東京女子学院」
http://www.ikiikinoufesta.com/

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/

|

« 多様的バイブレーション効果。 | トップページ | 会えた。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/14424174

この記事へのトラックバック一覧です: 人生に重要な影響をくれたお二人に会いに行こう。:

« 多様的バイブレーション効果。 | トップページ | 会えた。 »