« 青山学院にてメンタルトレーニングの研究会。 | トップページ | きとりかさんのブログ紹介。 »

2007年6月24日 (日)

体聴感音響リラクセーションシステムを体験。

昨日、横浜にあるメーカーを訪問し、体聴感音響チェアシステムの新開発機種「センソニック」を体験してきた。FM-112Aのチェア版だ。昔、ボディソニックという製品があったが、体感音響と聴感音響の両面で、それを進化させたものだ。

写真は、そのセンソニックとリラクルーのリラクセーション誘導を受けながら、FM-717パルラックス2で脳波を計測している模様だ。P62300072
体聴感音響によってリラクセーション誘導するシステムは、このセンソニックの発売を機に新たな市場を開拓するかもしれない、と開発者の説明を聞きながら思った。

今開発中のSeSMaT(セスマット)を、このセンソニックを通して聴くとどんな相乗効果が生まれるのか、考えただけでわくわくした。

このチェアをセルシネで取り扱うかは未定だが、色々なコラボができるかもしれない。

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/

|

« 青山学院にてメンタルトレーニングの研究会。 | トップページ | きとりかさんのブログ紹介。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/15538594

この記事へのトラックバック一覧です: 体聴感音響リラクセーションシステムを体験。:

« 青山学院にてメンタルトレーニングの研究会。 | トップページ | きとりかさんのブログ紹介。 »