« ウェブサイト「脳波研究・・・本物は脳波に表れる!」オープン。 | トップページ | 『MR. BRAIN』 »

2009年4月14日 (火)

ファインブレイン研究会の準備室発足。

楽しみだ・・・。これから、各分野の達人(エキスパート、マスター)達の脳波を収集する旅に出る。

私が興味を持った達人達に連絡をとって、お一人お一人の脳波をじっくり観察させていただきたいと思っている。

達人達の中にも、脳波測定に興味を示して積極的に協力してくれる人もいるし、逆に嫌悪感や拒否反応を示す人もいるだろう。

いずれにしても、アポイントメントをとるときに、プロジェクトの趣旨を説明しやすい名前が欲しいと思っていた。

先日、トイレに入っていたときに閃いた。名付けて“ファインブレイン”だ。

このプロジェクトに興味を示してくれていた人が一緒に会社を作ろうと提案してくれていたので「株式会社ファインブレイン」だ。

残念ながら会社設立はペンディングとなったので、まずは「ファインブレイン研究会」の名称で活動を開始しようと思う。

メーカーの担当者もこのプロジェクトへの協力を約束してくれている。しかし正式決定はまだなので、とりあえず「ファインブレイン研究会準備室」をセルシネ・エイム研究所の中に置く形でスタートしたいと思う。

達人達のファイン(みごと、すばらしい、精密、微細)なブレイン(脳)を、脳波測定という手法で解明していきたい。

私の探求心に火をつけたのは、キネシヨガ/脳ヨガの創始者である瑜伽さんとの出会いだ。

「アルファータFM-717」と「パルラックス2」で解析してみて、何かがありそうだと感じた。

簡易脳波測定器と臨床用脳波計とでは、やはり精度や機能面で差がある。その辺をしっかり理解しながら、測定結果を検討する必要がある。測定器が示す数値やグラフを単純に読むのではなく、測定器の仕様や特性、あるいは癖までも踏まえながら読み解くことが大切なのだ。

もちろん、バイオフィードバックトレーニングの道具として用いるなら、そんなに難しく考える必要はない。目的の脳波が出るように、リラックスして頑張ればいい。しかし、脳波研究が目的ならば、そう単純な話しではない。

瑜伽さんの脳波を測ったとき、もっと詳しく脳波を見てみたいと思った。メーカーにお願いして、試作段階だった高性能簡易脳波測定器「アルファータFM-919」と脳波解析PCソフト「パルラックスF」を活用することにした。

それが、瑜伽さんとメーカー、そしてセルシネの3者による共同プロジェクト「脳ヨガ脳波研究」の始まりだった。

2ヶ月間に及ぶ測定で、脳ヨガにおける脳波の知見を一通り得ることができた。この成果は、今後様々なメディアを通して発信していくことになっている。

瑜伽さんの真摯な探求心には、本当に頭の下がる思いだった。

この「脳ヨガ脳波研究」からの発展プロジェクトが、今回ご紹介した「ファインブレイン研究会」だ。これからどんな達人のどんな脳波が計測できるのか、見知らぬ宝を想像しながらワクワク感がこみ上げてくる。

また、「FM-919」と「パルラックスF」の新システムで脳波を測って欲しいというご要望もいただいている。

ご希望にお応えするために、脳波測定のお申込受付窓口を以下のURLに設けたので、ご希望の方は参照されたい。http://www.selsyne.com/aim/finebrain/eeg/index.htm

「FM-919」は、検出した脳波をFFT演算して、3Hzから30Hzまでを0.5Hz刻み、フルスケール50μVで出力する。

その信号を受け取った「パルラックスF」は、リアルタイムに1秒毎の脳波をモニターに表示する。また、10秒、20秒、30秒、40秒、50秒、60秒の中から任意の時間の平均脳波をリアルタイムに表示させることもできる。測定時間は、1分から100分までを1分刻みで設定できる。

脳波の測定部位は、左前頭葉前額部(Fp1)と呼ばれる箇所だ。脳波の増幅は、単極誘導法によって行う。これらの仕様は、達人達の脳波を測定研究する上で最もコストパフォーマンスに優れた手法だ。もちろん、普通の人?がバイオフィードバックトレーニングする場合にも適切な部位だ。

いろんな所に出かけて、いろんな達人達の脳波を収集していきたい。面白い脳波が取れたら、随時紹介していく。

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/aim/

|

« ウェブサイト「脳波研究・・・本物は脳波に表れる!」オープン。 | トップページ | 『MR. BRAIN』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/44668643

この記事へのトラックバック一覧です: ファインブレイン研究会の準備室発足。:

« ウェブサイト「脳波研究・・・本物は脳波に表れる!」オープン。 | トップページ | 『MR. BRAIN』 »