« 3月21日(日)、2本の番組にセルシネ提供の脳波測定器が登場。 | トップページ | マッチポンプで切り拓く? »

2010年3月31日 (水)

速読力を高めたいというニーズに応えて。

高速音声のリードで黙読するという方法が受けている。この方法は黙読追唱法といい、速話聴取法の一つである。

ノーマル速度に追加して、2月1日に2倍速、3倍速、4倍速、5倍速の音声をアップした際、4倍速音声にはそれに同期したテキストも加えておいた。

二ヶ月間の推移を見てみると、4倍速の再生回数が群を抜いている。黙読追唱法に興味をお持ちいただいている証だと思う。

速話聴取法には色々な方法があって、目的によって実践方法を選択する。黙読追唱法は速読力を開発するための方法で、実践するとその効果をすぐに実感できると思う。

速読力開発のニーズが強いことが分かったので、それをサポートする情報を2つ追加した。

一つは、各再生速度における1分あたりの文字数だ。速読が念頭にある場合は、再生速度よりも文字数の方が知りたいだろう。

セルシネが提供している音声は、通常速度で360[文字/分]だ。よって、2倍速で720文字、3倍速で1080文字、4倍速で1440文字、5倍速で1800文字となる。

2倍速の720文字は、普通の人が少し早めに読んでいる速度。

3倍速の1080文字は、日頃から読むことに親しんだり、それを仕事にしている人の速度。

4倍速の1440文字は、群を抜いた能力の高さがキラッと光っている人の速度。

5倍速の1800文字は、速読の達人レベルだ。

これ以上の速読力を身につけるためには、黙読追唱法とは違うやり方が有効になってくる。

5倍速にリードされて速読力がアップしている段階までは、滑走路を牽引されて加速しているグライダーのようなもの。ところが、ひとたび飛翔すると別次元で速読能力を開花させる人もいる。

速読力の開発をサポートするもう一つは、縦書きの文章を掲載したこと。

我々日本人は縦書きの本を読むことも多いので、縦方向の眼筋を鍛えるのも大切だ。

縦書きの文章が別フレームで開くようにリンクを張ったので、開いたフレームをモニター一杯に大きくすると良い。そうすると、効果的な眼筋トレーニングになる。

音声に合わせて視線を滑らかに移動させる。読めない人も、繰り返すうちに自然と読めるようになってくる。

自身の速読力に合わせて、1倍速から5倍速までの任意の速度を再生すれば良い。

5,6文字程度のブロック毎に読み進めるようにすると、さらに速い速読ができるようになる。速読の達人は、このブロック文字数を格段に多くすることを実現している。

1ページ分の文章しか掲載していないが、同じ文章で繰り返し黙読追唱法を実践してみて欲しい。正の学習転移によって、確実に速読力が増してくる。また、波及効果によって他の能力も活性化してくる。

あなたの頭脳を瞬間チャージ・・・。 是非!
http://www.selsyne.com/aim/products/digivo2/index.htm#sicyou

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/aim/

|

« 3月21日(日)、2本の番組にセルシネ提供の脳波測定器が登場。 | トップページ | マッチポンプで切り拓く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/47958266

この記事へのトラックバック一覧です: 速読力を高めたいというニーズに応えて。:

« 3月21日(日)、2本の番組にセルシネ提供の脳波測定器が登場。 | トップページ | マッチポンプで切り拓く? »