« 武道家が発した脳波、「ファストシータ波」 | トップページ | サポーティング・バイオフィードバック法とその多様化へ。 »

2010年6月30日 (水)

ヒーリングオペラの効果を脳波で検証。

もう先々週のこととなったが、金曜日の新橋でオペラ歌手の竹林加寿子さんの、そしてそのオーディエンスの脳波を測る機会をいただいた。

ツイッターで知り合った人をファインブレイン研究の被験者とした初めてのケースだ。

加寿子さんは、“ヒーリングオペラ歌手”というユニークなネーミングで活動しておられる。言うまでもなく、歌声は本物だ。

もっとも、素人の私が「本物」だの「偽物」だのと偉そうなことは言えない。

オペラ歌手の生歌を初めて聴いた。胸の辺りに見えないスピーカーがあるんじゃないかと思うぐらいの声量にビックリした。

ヒーリングオペラ歌手竹林加寿子さんの詳細情報は、ご本人のオフィシャルサイトをご覧いただくとして・・・
http://kazukotakebayashi.com/

まず、簡単な課題を提示して、加寿子さんの基礎脳波を収集した。

20106181

次に、オーディエンスとして協力してくださった女性の基礎脳波を測った。

そしていよいよ、加寿子さんのヒーリングオペラだ。

20106182

先にも言ったように、その声量にはビックリした。私だけではない、測定会場の窓ガラスまでもガタガタと震えていた。

加寿子さんの声量に、まるで部屋までもが驚いている感じだった。

この日は、もう一人の参加者がいらっしゃった。

加寿子さんと私のツイッター上での遣り取りを読んでいた男性が、「私にも協力させてください。面白い事が起こると思います」と。

実は、この日の測定会場とオーディエンス役の女性も、この男性が用意してくださったのだ。

どんな人だろうかと、ツイッターからリンクをたどってウェブサイトを拝見してみた。以下がそのサイトである。
http://ten-pro.jp/

天職プロデュース社副社長の川口祐吾さんがその人だ。

加寿子さんのヒーリングオペラに祐吾さんの不思議な念力が加わってオーディエンスに注がれる。

20106183

“不思議な念力”と言ったが、祐吾さん曰く、「取説通りにやれば誰でもできるようになるものです」とのこと。

予定していた測定時間では足りなくなった。

急遽田町の部屋を押さえていただき、ヒーリングオペラと不思議な念力を浴びた脳波の測定を続行した。

20106184

私自身も被験者になった・・・。確かに普段の私の脳波パターンとは違う。

ただ、それらの脳波測定結果をここに掲載するまでの確証にはまだ至っていない。

20106185

この日は、二人ともとても真摯に、ご自身の能力と脳波に向き合われた。

このような態度は、多くの達人に共通するものである。

近年、「脳波」が一般の人たちにもどんどん身近になってきている。それに比例して、脳波という指標を分かりやすく教えてほしいという問い合わせも増えている。

脳波関連の情報は、以下の弊社ウェブサイトにそれぞれ追加していく。

脳波関連ポータル「NOWHADAS」
http://www.selsyne.com/aim/products/nowhadas/index.htm

脳波研究
http://www.selsyne.com/aim/finebrain/eeg/index.htm

脳波測定依頼
http://www.selsyne.com/aim/finebrain/eeg/index.htm#uketamawari

脳波測定器のレンタル
http://www.selsyne.com/aim/products/rental/index.htm

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/aim/

|

« 武道家が発した脳波、「ファストシータ波」 | トップページ | サポーティング・バイオフィードバック法とその多様化へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/48754974

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーリングオペラの効果を脳波で検証。:

« 武道家が発した脳波、「ファストシータ波」 | トップページ | サポーティング・バイオフィードバック法とその多様化へ。 »