« NHK Eテレ「テストの花道」~集中力を支配する!~(4.29OA)。脳波解説の捏造にもの申す。 | トップページ | 第1回 気律脳波の達人「ザ・マスター」認定証授与式までの歩みと今後の展望。 »

2013年6月19日 (水)

フジテレビ「めざましテレビ」で、“朝カラオケ”効果を脳波で検証。

今年2月に脳波測定サービスをご利用頂いたフジテレビの情報番組「めざましテレビ」から、新たに脳波測定のご用命を頂いた。

前回の様子は、このブログに「やはり女子アナは聡明なのか?。TBS田中みな実アナとフジテレビ松尾翠アナの脳波を測定して。」のタイトルで投稿した通りである。

今回も「ココ調」のコーナーである。
Fujitvmezamasi2013061721

テーマは、最近ブームを見せ始めている“朝カラオケ”が、仕事前の脳コンディション作りに役立つのか、脳波分析で明らかにしようというもので、朝スッキリの定番“朝シャワー”との比較だ。
Fujitvmezamasi2013061722

被験者は一人の男性で、2日間の早朝ロケとなった。新宿のホテルで起床直後の脳波を測定し、シャワーを浴びてからお台場のフジテレビにマイクロバスで出社。もう一方の朝は、新宿でカラオケを歌った後にマイクロバスでフジテレビに出社した。

今回使用した脳波測定器は、BrainPro-light「FM-828」である。
Fujitvmezamasi2013061723

“朝シャワー”と“朝カラオケ”の後、それぞれの朝にオフィスの席に着席して、閉眼安静の脳波を2分間測定した結果がこれである。
Fujitvmezamasi2013061724

縦軸は優勢率[%]で、1秒毎に一番強く出ている脳波を積算したものだ。青棒グラフの“朝シャワー”は10%程のアーチファクト(人体的ノイズ)が発生し、赤棒グラフの“朝カラオケ”では1%程発生したので、合計が100%にはなっていない。

横軸は周波数別の脳波である。徐波から速波へと順番に並べるなら、θ波(5Hz前後)、スローα波(7.5Hz前後)、ミッドα波(10.0Hz前後)、ファストα波(12.5Hz前後)、β波(22.0Hz前後)となる。

一目瞭然、両者の違いはミッドα波とスローα波に出た。“朝シャワー”はミッドα波が優勢で、“朝カラオケ”はスローα波が優勢となった。
Fujitvmezamasi2013061725

よって、“朝シャワー”後に出社すると「すっきり集中」、“朝カラオケ”後に出社すると「ゆったり集中」の状態であると評価した。キックオフ直前の脳波としては、どちらも良い状態である。

実は、凡人と達人とではこの後に違いが出てくる。凡人は「せかせか集中」のβ波が優勢となり、達人はα波の優勢が変わらないままそのボルテージがより強くなる。

ちなみに、ファストα波が優勢になれば「はっする集中」と呼ぶ。気力がみなぎってハイパフォーマンスが発揮できる脳コンディションである。

当然、一人の被験者で、それもただ一回ずつの脳波測定では断定できるはずもないが、なかなか面白い結果が出たと思う。できれば、会社近くでシャワーなりカラオケなりを利用した方がより効果的であろうことは想像に難くない。

また、朝の脳波というのは、前夜の過ごし方からも大きな影響を受ける。今回の脳波測定でもそのことが影響しているのだろうことを、移動中のマイクロバスでの雑談で知った。

多くの事象は、水面下で連鎖しながら展開している。脳波も然りである。

今回の脳波測定結果の違いは、シャワーとカラオケの要因以上の影響が及んでいた可能性が強い。改めてその辺りを追試してみたい。

話を戻そう。

ロケ現場で、カラオケが朝のキックオフに効果的な理由を解説したが、その内容はスタジオでアナウンサーが伝えてくれた。自分の発言が原稿となってアナウンサーが表現するという経験は、ちょっと嬉しものだ。
Fujitvmezamasi2013061726

スタジオで生田竜聖アナが解説した「カラオケの脳活性効果」を補足しつつ紹介しておこう。

1.深呼吸によって酸素が十分に供給される。
これによって、脳をはじめとする全身の器官がエネルギーを効率良く利用できる。

2.口を動かすことによって、効果的に脳を刺激する。
脳の感覚野と運動野は、口関連系の占める割合が非常に大きい。よって、口をしっかりと動かす動作は脳を大きく刺激するのだ。「ペンフィールドの脳内小人」として有名な絵があるので、ネット検索してみて欲しい。

3.曲に乗って歌詞を発する暗示効果。
セルフ・アファーメーション(自己宣言)効果である。この方法はビジネスマンやアスリートをはじめ、自身をより良く成長させたい人達が用いているメソッドである。「アファーメーションの高速記憶音追唱」という動画を制作しYouTubeにアップロードしているので試してみて欲しい。

これら3つの相乗効果で、脳が効果的にスタンバイするのである。もちろん、歌詞の内容は重要である。

以上、フジテレビの「めざましテレビ」(17日OA)、「めざにゅ~」(19日OA)に出演させて頂いた振り返りである。感謝。

セルシネの脳波測定サービス

セルシネの脳波測定器レンタル

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/aim/

|

« NHK Eテレ「テストの花道」~集中力を支配する!~(4.29OA)。脳波解説の捏造にもの申す。 | トップページ | 第1回 気律脳波の達人「ザ・マスター」認定証授与式までの歩みと今後の展望。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/57624098

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ「めざましテレビ」で、“朝カラオケ”効果を脳波で検証。:

« NHK Eテレ「テストの花道」~集中力を支配する!~(4.29OA)。脳波解説の捏造にもの申す。 | トップページ | 第1回 気律脳波の達人「ザ・マスター」認定証授与式までの歩みと今後の展望。 »