« 新型“脳波センサー”を使いこなす2つの方法。 | トップページ | 脳波測定によるリアルタイム入眠判定の難しさ、そしてできること。 »

2015年7月11日 (土)

更なる高みへ・・・「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」、始動。

大学や企業、マスコミなどからご好評を頂いている脳波測定サービスに、先週「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」を追加した。

通常の「脳波測定サービス」では、セルシネは脳波測定のオペレーターに徹する。オプションをご用命頂く際にも基本的には同じで、プロジェクトに関わる範囲は限定的である。それが、この種のサービスを提供する者の一つのあり方だと思うからだ。別の言い方をするならば、「分をわきまえて口出ししない」ということだ。

しかし、「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」では、ご依頼者のニーズを積極的に聞き出し、その目的を達成するための準備と本番、そしてフォローアップ(一ヶ月間)を積極的に行う。即ち、プロジェクト全体にセルシネがコミットし、見守り、アドバイスするということだ。

イメージ的には、セルシネが主体的にコーディネートするパーソナルサポートやセミナー、コンサルテーションである。(「トータルセッション」を参照されたし)

脳波測定の現場に赴いて淡々と作業を進めていると、“拍子抜け”したような雰囲気をご依頼者から感じることがある。どうやら、私がセミナーでレクチャーする様子などをネット上で事前にご覧になっており、それとのギャップが原因のようである。

「ならば、その期待に応えよう!」 その思いを形にしたのがこの「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」である。
Yogoresearchnumber266


パーソナルサポートのようにコーチングし、セミナーのようにレクチャーし、コンサルテーションのようにアドバイスして、プロジェクトの目的達成をサポートする。

準備段階では、ご依頼者が的確な測定プランを構築されるために、脳波に関する知識をレクチャーする。また、被験者の募集や同意書の作成もサポートする。但し、被験者の募集に関わる費用が発生する場合は、別途ご依頼者の負担となる。

本番(脳波測定当日)では、単なるオペレーターではなく、測定運営全体をご依頼者と共にマネジメントする。

フォローアップでは、本番で得られた脳波データを、目的に即した効果的な表現手法で納品する。本番からの一ヶ月間で、ご依頼者との意見交換を繰り返しながら仕上げていく。

「大学や企業に対する研究サポート」や「バイオフィードバック訓練の指導」、「テレビ番組制作の協力」など、セルシネの脳波測定サービスは、長年培ってきた測定ノウハウと実績がある。それが、「測定結果はセルシネ品質」と自負し、また、お客様から高い評価を頂いている所以である。

脳波測定を実施する一日を無駄にしない。

脳波測定を実施する一日の成果を最大限に引き出す。

バイオフィードバック訓練からヒト試験まで、通常の「脳波測定サービス」と同様に全ての目的にお応えする。但し、医療行為は行わない。

お客様の「課題の解決に“脳波”が使えそうな気がするんだけど・・・」という直感をセルシネが実現する。そのサービスが「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」である。

一回目の面談までは仮申込み扱いなので、その直後にキャンセルされればキャンセル料も発生しない。

是非!

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
http://www.selsyne.com/aim/

|

« 新型“脳波センサー”を使いこなす2つの方法。 | トップページ | 脳波測定によるリアルタイム入眠判定の難しさ、そしてできること。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208429/61871688

この記事へのトラックバック一覧です: 更なる高みへ・・・「プレミアム『脳波測定サービス』オールインワン」、始動。:

« 新型“脳波センサー”を使いこなす2つの方法。 | トップページ | 脳波測定によるリアルタイム入眠判定の難しさ、そしてできること。 »