« vol.334 マッドサイエンティストの称号が嬉しかった、MBSの番組「日曜日の初耳学」で丸山桂里奈さんの入眠脳波を測定して。 | トップページ

2022年9月25日 (日)

vol.335 「“簡易脳波測定士”になる徹底的に基礎講座」が始動する。まずはリモート開催の入門セミナーから。

一口に“脳波測定”と言ってもその目的は様々だ。

癲癇(てんかん)や不眠症の診断あるいは脳死判定で利用される医療行為もあれば、人の脳を機械やコンピューターと繋ぐブレイン・マシン・インターフェース(BMI)もある。

医療資格を持たない者が医療診断をしてはならないことは当然だが、BMIに携わる場合も高い技術と見識が求められる。

私が脳波測定をするようになった切っ掛けはバイオ・フィードバック訓練で、かれこれ35年になる。その呼び方は脳波フィードバックやサイコ・フィードバック、近頃はニューロフィードバックともいう。

フィードは注ぐ、バックは返す、すなわち五感では分からない脳波を機械に注いで、人に分かる音や表示にして返してくる。

俗に、アルファ波の状態が良いと言われるが、その状態になろうとしても成れない。今どんな脳波が出ているのか分からないからだ。

しかし、バイオフィードバック訓練をすることによって、自身の今の脳波が分かるから、徐々にそれをコントロールできるようになるのである。

ただし、「言うは易く行うは難し」である。私自身、バイオフィードバック訓練者としては未熟であると自己評価せざるを得ない。

愚直に取り組んできた脳波測定だが、石の上にも三年、その十倍を越える年月で蓄積したノウハウを認めて頂き、今では大学や企業、マスコミ等から脳波の測定/解析でオファーを受けるようになった。

大雑把に言えば、五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)への試料の作用が脳コンディションをどう変えるのか、その前後の脳波測定及び解析評価である。

快眠グッズや睡眠の評価を目的にする脳波測定の依頼も増えていて、医師の傍らで脳波測定器をオペレーティングすることもある。

もちろんバイオフィードバックを目的とした脳波測定も続けている。ただし、より成果を出すために、サポーティング・バイオフィードバック法という造語で取り組んでいる。

自律訓練法や催眠誘導、ヨーガ、エネルギーワークなどの確立したあるいは確立しつつあるメソッドの習得をバイオフィードバック法を補助輪のように沿える自己統御訓練である。

サポーティング・バイオフィードバック法を確立するために、様々な達人の門を叩いてきた。また、気律脳波の達人「ザ・マスター」の検定試験も立ち上げ、チャレンジャーの脳波測定をしてきた。

ここで改めて申し上げるが、医療的脳波測定は国家資格を有する医師や医療検査技師でなければならない。

ただしそれは、医師や技師に対して簡易脳波測定士が劣るということではない。簡易脳波測定士は、分を知って究める科学者であるべきだ。

“簡易脳波測定士”という名称を初めて聞く読者も多いだろう。これは、簡易脳波測定器のメーカー(フューテックエレクトロニクス株式会社)担当者と私が本プロジェクトを立ち上げるにあたって考えたものだ。

プロジェクトとは、簡易脳波測定士を養成する「“簡易脳波測定士”になる徹底的に基礎講座」のことで、昨年末にパイロット企画として「ドクターズセラピストのための簡易脳波測定器を用いた評価方法と実際の脳波測定例」をリモート開催して以来、ウェブページを少しずつ更新してきた。

この一年間ある組織の理事長職を突然に仰せ付かったために傾注できなかったが、やっと再開できる。

そのウェブページが「簡易脳波測定士への道」である。
2022925blog01

私は、「脳波測定/脳コン解析サービス」を立ち上げてこの分野を開拓してきたが、その開拓力がまだまだ不足している。

基準を満たした質、そして大量の脳波測定データが欲しい。

そのために、同志になってくれる簡易脳波測定士を脳波測定器メーカーと共に養成することにした。

暗黙知のままのノウハウも、できるだけ形式知に顕在化させながら授業に生かしていきたいと思っている。

まずは、「“簡易脳波測定士”になる徹底的に基礎講座」の入門セミナーをリモート(Zoom)で10月1日(土)20時~22時に開催し、その後も、第3水曜日と第1土曜日の同じ時間帯に継続開催する予定だ。

この2時間のセミナーは、1年前のパイロット開催の前から、脳波測定/脳コン解析サービスのオプションレクチャーとして顧客に提供してきたもので、脳波のいろはを分かり易く且つ楽しく学習できるようにまとめている。

入門セミナー修了者には、脳波測定コースと脳波解析コース、そしてビジネスコースを用意する。また、修了者の更なる研鑽の場所として交流研修会も開催する予定である。

本当なら大勢に集まって頂いて講座を開催したいのだが、現実には叶わないだろう。当面は、生で準オンデマンドという形も用意したいと思っている。すなわち、お一人の都合にも合わせて入門セミナーを開催し、3つの本コースも少人数になるだろう。

そうやって開催実績と成果を積み上げつつ、プロモーションに長けた人や組織とのご縁を待ちたいと思っている。

脳波測定/脳コン解析サービスもそうやって地道に続けて来て花が咲いた。これを始めたときのように、今もワクワクしている。きっと素敵なご縁があると信じている。

時代のニーズに応える簡易脳波測定士のプロになるべく、その道を歩み始める同志に巡り会えることが楽しみだ。


セルシネ・エイム研究所 和田知浩

|

« vol.334 マッドサイエンティストの称号が嬉しかった、MBSの番組「日曜日の初耳学」で丸山桂里奈さんの入眠脳波を測定して。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« vol.334 マッドサイエンティストの称号が嬉しかった、MBSの番組「日曜日の初耳学」で丸山桂里奈さんの入眠脳波を測定して。 | トップページ