« vol.342 TBSの新番組「嗚呼、楽に生きたい。」からのオファーで、間接照明の快眠効果を脳波解析で検証。ズボラな人達から満場一致の好評価サプライズも。2023.11.1 | トップページ | vol.344 日本テレビ「笑って年越し!THE笑晦日」で実験した「目覚めの悪い人でも蚊の飛ぶ音ならすぐに起きる」を解説したインタビューで失敗するに行き着くまでの数々の選択ミス。2024.1.4 »

2023年12月28日 (木)

vol.343 睡眠における“脳のゴールデンタイム”という呼び名の誤解の誤解、そのまた誤解。2023.12.28

私が“脳のゴールデンタイム”と名づけた頃は、ゴールデンタイムと言えばテレビ番組の視聴者が多い19時から21時台のことを指していた。

ところが昨今は、就寝するにベストの時刻(例えば22時)として言われたり、“○○○のゴールデンタイム”という風に、人の生理などに鑑みたとする様々な分野のゴールデンタイムが飛び交っている。

先日、視聴者が“睡眠のゴールデンタイム”という言葉を使って質問したことに、睡眠学の権威とされる先生がこれまた“睡眠のゴールデンタイム”という言葉を織り交ぜながら回答するシーンが放送された。

“睡眠のゴールデンタイム”という言い方が、私の言う「睡眠における“脳のゴールデンタイム”」と少々混同されながら展開されていたので、改めて「睡眠における“脳のゴールデンタイム”」について解説しておきたい。

断っておくが、ゴールデンタイムと言っても、その時間帯だけが重要でその他は無意味ということを言いたい訳ではない。全ての時間帯には意味があり、何らかの役割がある。

能力開発や自己実現の分野でα波という脳波が注目されるのは多くの人が知っているだろう。このαモードの脳コンディションは、イメージトレーニングをする場合にも打って付けだ。

よって、脳波を自在にコントロールしようとバイオフィードバックトレーニングが推奨されてきた。

しかし、“言うは易く行うは難し”で、バイオフィードバックトレーニングのマスターは簡単でない。そこで私が推奨するのがサポーティング・バイオフィードバック法なのであるがここでは割愛する。

脳波をコントロールするのが難しくても、誰の脳でもαモードになる時間帯(“時間帯”という言葉を私が使うから誤解が生じるのだが)がある。その脳コンディションを使わない手はない。

このグラフは本ブログでも紹介してきたが、水色が私の言う脳のゴールデンタイムであり、イメージトレーニングに打って付けの時間帯である。
Blog3431

何時に寝ようが、睡眠を挟んだ水色がゴールデンタイムである。

この時間帯は意識が凪のように穏やかとなり、顕在意識と潜在意識の活動バランスもイメージトレーニングをするのにちょうどいい。

以前にも本ブログで紹介したが、“脳のゴールデンタイム”時の脳波をセミナーでレクチャーした動画「ジブリメーション研究会in南青山2020」がこれである。10分03秒からが本件である。
Blog3432

人生創出力を格段に高めているのが睡眠を挟んだ脳のゴールデンタイムである。良い方向に行くも悪い方向に行くも脳のゴールデンタイムにおけるイマジネーション(想像)が重要な鍵の一つを握っている。

この時が、映像化やアファーメーション法を、そしてそれらをも捨て去った“微笑み法”に打って付けなのである。

アファーメーション法や微笑み法については拙著「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」で解説している。

大晦日には、私がタレントの睡眠脳波を測定/解説したシーンが放送される予定だが、ある場面で非常に緊張したので「見るなよ、見るなよ・・・」(故・上島竜兵 風)と言いたい気分だ。言えば言うほど見る人が増えちゃうね~

放送予定はセルシネニュースで配信する。

感謝!

 

セルシネ・エイム研究所 和田知浩

|

« vol.342 TBSの新番組「嗚呼、楽に生きたい。」からのオファーで、間接照明の快眠効果を脳波解析で検証。ズボラな人達から満場一致の好評価サプライズも。2023.11.1 | トップページ | vol.344 日本テレビ「笑って年越し!THE笑晦日」で実験した「目覚めの悪い人でも蚊の飛ぶ音ならすぐに起きる」を解説したインタビューで失敗するに行き着くまでの数々の選択ミス。2024.1.4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« vol.342 TBSの新番組「嗚呼、楽に生きたい。」からのオファーで、間接照明の快眠効果を脳波解析で検証。ズボラな人達から満場一致の好評価サプライズも。2023.11.1 | トップページ | vol.344 日本テレビ「笑って年越し!THE笑晦日」で実験した「目覚めの悪い人でも蚊の飛ぶ音ならすぐに起きる」を解説したインタビューで失敗するに行き着くまでの数々の選択ミス。2024.1.4 »