カテゴリー「2.人生成功のアドバイス」の67件の投稿

2021年7月14日 (水)

vol.331 寝酒がモンモンタイムを誘発するメカニズム。脳波観察と化学反応で考える。2021.7.14

先月投稿した前号と前々号で睡眠脳波にまつわる解説をしてきた。

 

その3回目として、酒類を過度に飲んで就寝したときの睡眠深度の推移を脳波測定の視点から紹介する。

 

テレビ番組からのオファーで数名のタレントの終夜睡眠脳波を測定した際、あるタレントが過度の寝酒で睡眠異常(ちょっと大袈裟だが、これが続くと日中に眠くなったり集中力や記憶力の低下といういわゆる睡眠障害を発症する)を来した例だ。

 

脳波測定に用いたアプリは「Analyzer+」だ。「Analyzer+」を用いた睡眠脳波の測定例と解説は、弊社ウェブサイト「睡眠脳波ラボ」で紹介している。

 

この「Analyzer+」画面の上段が脳波の生波形だ。睡眠深度を示す特徴的な波形を観たり、ノイズ混入の有無を判断する際に役立つ。
Blog33101

 

2段目は各脳波(定常波。δ波やα波など)のスペクトル(周波数毎の電位)で、左から右へ(この画面では)1時間の推移を表示している。

 

中段左側には、(この画面では)1分間幅に拡大してスペクトルを表示する。

 

そして右側が分布グラフである。上から下に時間が1秒毎に流れながら3分幅で表示していく。横軸は1.0Hzから30.0Hzまでを0.5Hz刻み(計59本)で、定常波の強さを色で表している。

 

以下の画像は、「Analyzer+」の画面からスペクトル折れ線グラフと分布グラフをピックアップして、尚且つ分布グラフは横向きにして3分幅をつなぎ合わせて折れ線グラフと時間軸を合わせたものだ。
Blog33102800

 

さらに、折れ線グラフも2時間目をつなぎ合わせている。時間表記などが見えにくいと思うので、もう少し大きな画像もここに掲載しておく。
Blog331031500

 

 

①の1分07秒間は、被験者が寝酒を終えてベッドに就寝しようとしているときだ。動きつつ目も開いているのでノイズが多く混入している。
Blog33104800

 

脳波センサーを装着してから被験者の長く大量の寝酒が続いたので、ここへ来るまでに2時間近くモニターを見ながら待機していた。

 

②の9分26秒間は、目を閉じた安静状態でαモードになっている。但し体動も残っていて、その際に生じるノイズがδ波の帯域に赤く表示されている。

 

③の13分45秒間は、入眠と覚醒を繰り返すうとうと状態であることを断続的なα波が示している。熟睡前の最後のα波途切れがトータルで約24分経過したときだ。ここが正式な入眠ポイント、寝落ちである。

 

そして、27分を過ぎた辺りからδ波が強くなり始めて徐波睡眠に入ったことが分かる。④である。

 

ここまでは平均的な入眠パターンの範疇である。若干③のうとうと状態が長いかなという程度だ。

 

過度の寝不足や深酒して就寝すると②が極端に短いので「寝酒したときの入眠は気絶と似ていてあまり良くない」とたまに解説するが、この測定では被験者にテレビ番組の収録という緊張が頭の片隅にあったのか、②のαモードも一見健康的に継続した。

 

④の徐波睡眠(ノンレム睡眠)が少し長いなと感じ始めたころ“悲劇”が展開し始めた。就寝から約98分(1時間38分)、徐波睡眠が71分(1時間11分)続いてからのフェーズ転換(δブロッキング)である。

 

⑤のように、継続していたδ波が断続的となり、逆にα波が断続的に出現し始めた。これが約9分続いた。

 

そして、⑥のαモード(完全な覚醒)が8分弱続いた後、⑦のモンモン(悶々)タイムの泥沼に突入した。ここから夜が明けて時間切れとなるまでの約5時間、ずーっとモンモンとしていたのである。

 

被験者は辛かったと思う。

 

適量を超えて寝酒すると、体内では次のような化学反応が起こる。

 

アルコールには入眠効果がある。この作用で済むなら問題ないのだが、体内に取り込まれたアルコールはアセトアルデヒドに変わり、そして酢酸になる。

 

このアセトアルデヒドの段階が安眠を阻害するのである。

 

飲酒による睡眠効果は④までである。但し、この④も前述のように少々長い。そして、血流に乗って脳に運ばれたアセトアルデヒドが悪さをし始めたのが⑤である。

 

健康的な眠りならレム睡眠の後にノンレム睡眠(徐波睡眠)へと再び移行するのだが、残念ながら⑥のように覚醒させ、本人の“眠りたい”気持ちをアセトアルデヒドの覚醒作用が立ちはだかり、焦りの悪循環に陥った。

 

その焦りが⑦に表れている。

 

アルコールのδセービング作用はすぐに消滅し、アセトアルデヒドのδブロッキング作用が一晩中働き続けるのだ。

 

飲酒は適量の晩酌までとし、寝酒はやめた方が良い。

 

 

セルシネ・エイム研究所 和田知浩

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

vol.327 有限会社志縁塾が主催した第11回「全国・講師オーディション」でグランプリを獲得したノビーこと大久保信克社長のスピーチ。

昨年12月13日に開催された第11回「全国・講師オーディション」有限会社志縁塾 主催)で、ノビーこと株式会社笑い総研社長大久保信克氏が見事グランプリ(最優秀賞)を受賞した。
01kousiauditiongrandprix

予選を勝ち抜いたファイナリスト12名が霞ヶ関のイイノホールに集結し、持ち時間10分でスピーチ力を競った。

今年はコロナ禍のため、500席が満席にならないように、入場者数は3割程度に縮小されたが、ネットでは過去最高の6万人超が視聴した。

また、350人を超えるメディア関係者が、講師発掘を目的にオンライン審査をしたそうだ。

私も会場へは行かなかったが、ネット中継でその全てのスピーチを観戦した。

それぞれユニークなスピーチが展開された中、ノビーが7,278票を獲得してグランプリを受賞した。

その素晴らしいスピーチを動画から文章を起こしたので記しておきたい。ジブリッシュの魅力が伝われば幸いである。


皆さん、「ちゃぱらぴあー、ぱんだからぴあー」

突然失礼致しました。意味のないことを口に出す、ジブリッシュの専門家をしております、大久保信克と申します。

今私は、口からでまかせで、意味のないことを話しました。これがジブリッシュって言うんですけども、これをホントは皆さんに一言言って頂ければと思っていたんですが、ちょっとこういうご時世なので、別のことを1個して頂きたいと思います。

唐突ですが、天井に向かって手を振って頂いても宜しいでしょうか。元気良くどうぞー。

あっ、いいですねー。ありがとうございます。今会場から笑いが零れていましたが、実は今日お伝えしたいのはこのことなんですね。

「意味のないことを大切にすると、心が豊かになる」

今日お伝えしたいのはこのメッセージです。

皆さんは普段、心の豊かさって感じられているでしょうか?

以前の僕は、感じることができていなかったと思います。むしろ自分の心の貧しさっていうものを感じました。感じていたときがあります。

でもそんな自分でも、意味のないことを大切にすると、心が、こんなに豊かさって感じられるんだっていうぐらいですね、変わることができたんですね。そのストーリーを通じて今日は皆様に心が豊かになる秘訣、これをお伝えしたいと思います。

まず初めに自分が意味のないことで心が豊かになったスタートはですね、ストレスを吐き出すというときに使ってたんですね。

先ほどのジブリッシュというものなんですけれども、これをストレスで使う前はですね、日本語でいつも頭で色んなことを悩み続けたりですね、もやもやして日本語で「しんどいなー」とか言ってた訳ですよ。それをですね、ジブリッシュで出したらどうなるかなということでやってみたんですね。

日本語だと「しんどいなー」と言うのがですね、ジブリッシュだと「ちゃんばらべー、てぃっからめっちゃらびあー」

そうなんです。ちょっと笑えるんですよね。で、みょーにスッキリするんですよ、これ。あっ、意味がないから感情だけをダイレクトに出せるんだなーて気づいたんですね。

それから、あっ、これはいいぞということで色んな人に伝えてきました。そしたら、講座なんかもするようになったんですけれども、外国人の人と一緒でも、初対面の人同士でもすぐ仲良くなっちゃうことに気づきました。

イメージ映像、こんな感じです。

「あぱりぇちぇんぴんでぃからぱらかちゃ」

「はーぱらなはっせんねてぃかぱらぴっちゃりにら」

「おーてぃかまあかてぃっかんならせあ」

「ひぃあまーぺれんでぃ、ぼろてぃっからぺぇっちぃー」

これ全然意味ないですからね。意味ないけど盛り上がっちゃうんですよ。勝手に。勝手に笑いが起きるんですね。

意味もなく笑い合える人がいるって凄い豊かなことだなって思うようになりました。

それから、でもこれまだまだ序の口だったんですよ。

自分が一番心の豊かさを感じられるようになった切っ掛けは、実は、ジブリッシュで自然と対話をするということをやったときだったんですね。

少し不思議に思われるかもしれないんですけど、ある日、公園で咲いているタンポポにゆっくりジブリッシュで話しかけてみました。

こんな感じです。ちょっと怪しく思われるかもしれないんですけども。

「はーぱらんちぇー、ぺっからぴー、あーたっちゃらあっちゃらちゃっか」

客観的に見たら怪しい人なんですが、やってる本人はですね、入り込むんですね。もー凄い幸せなんですよ。

なぜかっていうと、もーここにタンポポとか自分とかそういう言葉がなくなっているので、ただ同じ命が目の前にあって、ただただ愛おしい。もーなんか頭じゃないんですよね。ハート、こっちで会話をしているっていうか、なんかそんな感覚になって何時間でもこのまま味わっていられる。そういう体験がありました。

もの凄く豊かな時間がそこに流れてたんですね。

それ以来、日常の景色まで見え方が変わってきました。

今までだったら普通に通り過ぎていたような町の景色でも、立ち止まって、わー綺麗だなーって、なんか思える時間が増えていって。そして、見える感覚だけじゃなくて、今までなんか意識していなかった、川のせせらぎにですね、耳を研ぎ澄ませるような場面が何か突然訪れたりですね。

風を感じて、一緒に深呼吸してみてください。

はー

なんかこんな感じで、頭ばっか使っていたときにはできていなかった感じるっていうことを、どんどんどんどん大切にできる時間が増えていったんですね。

この、自然との一体感、これは僕にとって、頭で使っているときには一切感じていられなかった、ホントに豊かな時間がそこに詰まっていて、“生きるっていいなー”、そういう気持ちもどんどん内側から出てくるようになったんですね。

この自然との一体感というのを、その後、あっ、これはただ自分が特別な経験をしているということではなくて、かつての日本人はこれを日常的に感じていたのではないかと思う、ある一つの言葉と出会うことになります。

それが、“じねん”という言葉です。ご存じの方もいるでしょうか?

“じねん”、自然と書いて“じねん”と、かって日本では読んでいました。

“じねん”という言葉には人も花も木も植物も動物も、全てのものが含まれていて、全てのものがただあるがままである、こういう意味の言葉なんですね。

でも、多くの人はこの言葉を知りません。なぜか?

明治維新の頃に「Nature」っていう英語が入ってきたときに、自然という言葉をあてて訳したんですね。

そこから、西洋の考え方も入ってきて、人と自然って分けて捉えるようになりました。

これもー今、当たり前になっています。でも本来そうではなかったんですね。

まさに言葉がフィルターを作って世の中を、見方を作っていた瞬間です。

でも私は、ジブリッシュを通じて、このフィルターを外すことができました。

だから、ちょっと怪しかったかもしれないんですけども、タンポポとのあの瞬間はまさに“じねん”そのものだったんですね。

ただこの“じねん”という世界、これはホントに特殊なものではなくて、今すぐにでも感じられると思います。

それを一つ最後、紹介して、皆さん、締めくくりに移っていければと思います。

赤ちゃんの頃、これは“じねん”とホントにそっくりな世界だと思います。是非、皆さんちょっと目をつむって、生まれる瞬間、想像してみてください。

では、今あなたはお母さんのお腹の中にいます。あなたはまだ言葉を覚えていません。さー、いよいよ生まれます。産道を通って、今生まれました。赤ちゃんのままの感覚でゆっくり目を開けてください。

見るもの全てが初めて。あなたは好奇心を持って色んなものを見つめています。言葉がないと、全てのものがただあるだけ。まさに“じねん”の世界がそこには広がっているのではないでしょうか。

この先どんな目で世界を見つめていきたいでしょうか。この先、どんな心で生きていきたいでしょうか。

もし、心豊かに生きたいと思うときがあれば、この言葉を思い出してください。

「意味のないことを大切にすると心が豊かになる」

ホントにね、頭で考え過ぎちゃう時なんかは、もう一回天井に振ってみてもいいと思うんですよ、手をね。

床にね、「ご飯できましたよ」って言ってみてもいいと思うんですよね。

笑うとこだったんですけどね。まっ、しんみりしたとこで、最後、タイミングを間違えたかもしれませんが、意味がないことに意味がある、皆さんにお伝えしたかったメッセージです。

本日は「ぱらんぴかぱらねちゃか、ふぁんでからっちー」

ありがとうございます。

以上がノビーのスピーチである。

私のふるさと島根には古い言葉が残っていて、父は“じねんに・・・”とよく口にする。“じねん”にそのような含蓄があったことを知り勉強になった。

そして何よりノビーの快活な人柄とプレゼン能力は折紙付きである。

主催の志縁塾がスピーチ動画「2020全国・講師オーディション 後半」をYouTubeにアップされている。

ノビーと取り組んでいる「ジブリメーション」(ジブリッシュ×アファーメーション)を弊社ウェブサイトで紹介している。

ノビー、グランプリ受賞おめでとう!


セルシネ・エイム研究所 和田知浩

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

vol.326 第1期「ジブリッシュ・プロフェッショナル講座」(リモート)で脳波解説をした際の質疑応答を紹介。

昨年、株式会社笑い総研(大久保信克社長)主催の第1期「ジブリッシュ・プロフェッショナル講座」が51日間に渡って開講された、

10月18日にはリモートで私も「ジブリッシュで脳波はどうなる? ~サポーティング・バイオ(脳波)フィードバック法の確立を目指して~」のテーマでお話しした。

1時間のレクチャー後に質疑応答の時間も設けられた。録画を元に文字を起こしたので以下に掲載しておきたい。

01zoommonitor800

受講生A
最後に、和田先生が「ジブリッシュで心の鎧を脱いで」っておっしゃったと思うんですけど、昨日実は「何か思いっ切り変わったことをする」という宿題があったんですけどまだやってなかったなーと思って、お昼の休憩時間に雨が降っていたんですけども、傘を持って傘を差さずに外を後ろ向きに歩いてきたんです。そして、住宅地の中から出てきて商店街を通ったときに、皆の目がさすがに恥ずかしいなと思って、知らんぷりして通る人もいるんですけど、ずーっとこうやって見る人もいて、あれー、やっぱり恥ずかしいと思ったときに、どうせ恥ずかしついでだからジブリッシュで歩いてみようと思って、更に恥ずかしくなるものと思って歩いていたら、恥ずかしさがどんどん消えていったんです。なるほど、昨日のは一つ鎧を脱いだってことかなと思ったんです。

大久保信克社長
いやー驚きました。そんなことまで・・・、凄いなー、素晴らしいですね。
それでは他にありますか、Bちゃんいかがですか? 改めて聞いて・・・。

受講生B
はい、あのーお世話になりました。ありがとうございました。あのー、気持ちいい状態から物音がドーンとして、そこでこうもう、元に戻った状態なんですけど、あれを究めると音がしようが何しようがスッと気持ちいい状態に戻れるものなんですか?

和田知浩
そうです。(だいたい2,3秒で戻ります。また、そもそも大きな音を意識レベルに上げない脳の働きもあります)。そのような脳のキャンセリング機能が働いているときは、ファストα波を中心とした12Hz~14Hz位の脳波が強く出ています。だから、ハッスル状態のアスリートが観客がガーッとやっててもそれをノイズキャンセリングして一点集中してパフォーマンス。それが実は、あーいう時にも出てノイズキャンセリングして集中を維持できるんです。

受講生B
なるほど、それは訓練ですか?

和田知浩
訓練です。そして訓練しなくても前回のセミナーでもお話ししたように、いびきガーガーかくご主人の前で何十年も寝てる奥さんが同じように脳波が出てました。いびきガーガーうるさいご主人がしてるんだけれども、スヤスヤおやすみになってました。その時の脳波を測るとやはりファストα波が強く出てたんですね。この方は訓練はしてないけれども経験を重ねたことによって自己防衛本能によってそういう機能が開発されたということです。

受講生C
あのー、もしされてたら教えて欲しいんですけど、ジブリッシュに似た感じで念仏というかお経を唱えるというか、インドの向こうの言葉でね、ナマハンギャーミーターシンギョーみたいな訳の分からないのを唱えると落ち着くっていう、あーいう意味が分からないで唱えていたら、ジブリッシュと同じような感じじゃないですか。あーいう方々が念仏を唱えているときの脳波っていうのはジブリッシュに似たような特徴とかあるんですか?

和田知浩
あります。ありますが、ジブリッシュ自体が今まだどの方向に脳波が変化すると言える状態ではないんですね。最終的にはαモードになるんだけれども、人によっては最初β波が優勢になったり、あるいはオフモードになったりする人もいます。でも最終的に、ジブリッシュの目的というのはα波モード、強いα波モードになると言うことですからこれは念仏でも瞑想でも同じです。最終的には、例えば何十年も瞑想を続けたお坊さんの脳波を測ると強いα波が出ます。ヨーガの達人でもそうです。

受講生C
あのー、ジブリッシュでもやる人によって、ジブリッシュを発する前に言葉でこういうことを喋ろうと思ってそれをジブリッシュに置き換えて喋っている人と、もう何ていうかな、イマジネーションで何となくこんな感じのことを喋ろう、こんな感じのことを喋ってるんだろうな、何かそういうところを遣り取りしてる人と、何を喋ってるんだろうって頭の中でちょっとこう置き換えをしながらやっている人とで、やっぱりジブリッシュ効果って全然違うものかなって感じるんですけど。

和田知浩
まさにその辺がキーポイントだと思います。それによって今ジブリッシュをやった人の脳波がこれだけ千差万別なんだと思います。だから、ここの部分を確立できると私達がこれから指導していくときに、「あなたはこうだからこういう風にしてみたら」ということが、おっしゃるように指導マニュアルとして確立できたら、初めて科学になったと言えるんです。

受講生D
私、ヨーガとか瞑想とかが好きで、私のヨーガの恩師の方が凄く脳科学が好きな方なんですよ、そのヨーガスタジオに脳波が測れるのがあって、瞑想の前と後でどういう変化があるかっていうのをやったことがあるんですけど、(私は)凄い思考が止まらなくなる人なので、なんかちょっと瞑想やってもやっぱり変わらないっていうのがあったんですよ。今日、朝にジブリッシュ瞑想っていうのをやったときにいいなーっていうふうに思って、どれだけ思考が出てきてもジブリッシュに変えると意味が無いので発展していかない、そー、やっぱり凄くいいんだろうなっていう風に思いました。
なんかその脳波の違いが実際に出るっていうのはたぶん人によって全然違うんだろうなってやっぱり思うんですけど、どの位の長さだったり、ジブリッシュ漬けになって変わるのか? 5分でも10分でもやることによって違うのか? それを毎日繰り返すことによってちょっとずつ変わっていくのか、何かその辺で何かあるのかなーっていうのを訊きたいです。

和田知浩
毎日10分程度でも大丈夫なんじゃないですかね。的を射たジブリッシュができる人はそれでもいいと思います。ただ、ちょっとボタンが掛け違っていると幾らやっても毎日やっても24時間やっても上達しないと思います。だからリアルタイムに今の自分の状況を適確に把握するっていうもう一人の自分の視点が凄く大切です。この視点というのを脳波で見るというのも一つの視点ですけども、脳波を測らなくてももう一人の自分が俯瞰して今の自分のジブリッシュの上達度をもう一人の自分が見極めながらやるということであれば、私は一日10分ぐらいでも効果が出てくるんじゃないかと思ってます。
ただ、ジブリッシュに関するデータが今ご紹介した程度、まだ、会としては2回しかやってないので、データ自体が20人位しかないんですね。ですからこれからジブリッシュのデータがどんどん増えてくるとその辺をもっと私も適確にご回答できるようになってくると思います。今日はこんな所ですいません。

受講生E
脳圧を下げるというのが面白かったと先生おっしゃっていましたけれども、やっぱり日常の中で私達って気がつかないうちに脳に圧が掛かったりしているということでしょうか? で、脳圧を下げるということがリラックスに繋がるということでしょうか? どういう風に・・・、まっ、それがジブリッシュであったりするけど、他に何か脳圧に関することがあったら聞かせて頂きたい。脳圧っていう言葉が初めてだったから面白いなと思って・・・。

和田知浩
脳のコンディションを測る方法として脳波以外にfMRIという方法があります。よくテレビなんかでも紹介されるもので、脳の地図の中でどこの脳の部位が働いているのかをカラーの・・・、はい、よくありますよね。この部分が赤くなったからここが使われていますよ。あのfMRIというのが何を見ているのかというと血流量を見ているんですね。例えば言語野の血流量が増えると、あーこの人は今一所懸命喋っているなーということが分かる訳です。要するに私達が日常生活で何かに取り組んでいるとき、必要な部位に血液を送ってやる、すなわちブドウ糖と酸素を送ってやってそこの脳が働くんですね。だから、脳の中の毛細血管が開いて脳は少し、ちょっと大きくなるんですよ。この状態をずっと一日中グーッと忙しなくやってると脳が腫れた状態になって来るんですね。そうすると、脳脊髄液というものが脳と脊髄の中で130ml、ほんのわずかです、牛乳瓶の一本いかないですね、130mlの脳脊髄圧が脊髄から脳の表面を流れているんですけれども、β波で頭がパンパンな状態のままだと、先ほどの動画で私が言っていたように、その時にできる疲労物質が寝てもなかなか流れないっていう人がいるんです。何をするにも一番いいのは睡眠なんですよ。睡眠をとると、その脳圧が下がって脳脊髄液がよく循環するようになるので、日中溜まった老廃物が流されて頭スッキリになるんです。これがきちんとお休みの間にできていると起きたときにスッキリ感があるんです。スッキリ感がないままずーっと毎日暮らしていると、この疲労物質が蓄積されて痴呆(認知症)老人になったりするリスクが高まると言われています。一番いいのはグッスリ寝ることです。

受講生C
よく最近ゾーンっていう言葉を使うじゃないですか。なんかこー、体が動くし状況もヒュッと入ってくるしと。パフォーマンスが凄く活性化しているこのゾーンに入っているときの脳っていうのは、どういう脳波になっているんですか?

和田知浩
まさにそれが、これまでにもお話をしたアスリートがゾーンに入っているときに出る脳波・・・

受講生C
α3

和田知浩
そうです。ゾーンの状態というのは、例えば将棋の達人とかはα2が出るんですが、何かパフォーマンスを発揮しているときのゾーンというのはファストα波が強くなっています。

受講生C
演劇だとかそういうのもα3というのが出てるってことですね。

和田知浩
そうです。演劇というのは、自分だけじゃなくて、視界の外にいる人の動作もイメージしながらやっていきますよね。そういう演劇を上手くできている人というのはまさにファストα波というのが強く出ている状態です。

受講生C
それは意図的に自分でスッとスイッチングができるようになるとパフォーマンスが安定してできるということですか。

和田知浩
そうです。

大久保信克社長
和田先生たっぷりありがとうございます。本(書籍「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」)を皆さん直接先生の所にお申込み頂けたらいいと思います。僕も結局非言語をとにかく突き詰めていくとやっぱり、裏表ですよね、言語の重要性が見えてくるんです。本には理論とかまで含めて凄い書かれているので、これがベースにあったら、脳の専門家でもいらっしゃるので凄い分かり易いし、結構繋がってくるので、また皆さんにも(本が紹介されているウェブサイトの)リンク(https://selsyne.com/publisher/sengen.html)を送ります。

今日思ったのは、プロフェッショナル講座に合わせてお話をしてくださったのが凄い嬉しかったです。これから科学ですよね、その部分をここでどんどん組み立てていくっていうことを改めて思いましたし、例えば今日思ったのは、α3を高めるためのジブリッシュとかですね、α2を高めるための使い方とが、そういうジブリッシュの使い方っていうのが組み立てていけるっていうイメージが持てました。
また、習熟度別で全然変わってくるっていう、そういうことを最初からずっと言ってるんですけど、講師マニュアルって言うんですかね? 苦手な人に対しても、こういう段取りでやっていったら必ず大丈夫だっていうのを脳波と共に見せられたら安心するだろうなーと。そこまで行ったらやっぱり広がっていきますよね、脳波でちゃんと見られるっていうので。

受講生F
研究者とか学者の方々ってあんまり表現が豊かでない方が多いんですけど、先生の表情が余りにも豊かなので、ちょっとそれにも見とれてました。

和田知浩
ありがとうございます。

大久保信克社長
(今日のような)オンラインのセミナーを依頼させて頂いてもいいんですかね?

和田知浩
もちろん大丈夫です。

大久保信克社長
和田先生は本当は人前で話すのがお好きらしくって。脳波測定の依頼が(テレビ番組から)来るから研究者/測定者っていうのが仕事がら多いらしいんですけど、元々は能力開発が専門の先生なので、今日興味深かったと思います皆さん。ジブリッシュも今どんどん関心が高まっているので、何かそういうのも是非お願いできたらなーとか今日思いました。先生最後にお一言頂いても宜しいでしょうか。

和田知浩
私としては最後にお話しした、ジブリッシュをやったときの成果が出た人の一次的な効果や実感、あれをとにかく沢山集めて欲しいなーというのが今回私が一番お伝えしたい気持ちです。

大久保信克社長
事例がですね、今むちゃくちゃ集まってきているので、それを先生にも共有させて頂きます。○○さんも認知症予備軍と診断されていたそうなんですけど、そこから今快復されて来ているというのを体験談で言ってくださっていて・・・。ビックリしすぎて僕もまた話し始めると長くなっちゃうんで、それはまた動画シェアするなどできればと思いますし、いっぱい出てきているので。そういう体験談役に立ちますか?

和田知浩
立ちます立ちます。

大久保信克社長
脳波測定してないものでもいいんですね?

和田知浩
いいです。とにかくそれ(体験談)がいっぱい集まれば、後はもう、さっきお話しした理学の方向と工学の方向に深めていって科学にしましょう。

大久保信克社長
おー、ありがとうございます。じゃー最後にGちゃんからですね、意味の無い一言を言って頂いて終わりたいと思います。

受講生G
ナが◎※j!fーX”×だ#l$▲jg◎jks「%づー□お&g’ーん)fさえてゃf g■sj(▽s、kだrぎg。sjdじ

ありがとうございました。

以上、第1期「ジブリッシュ・プロフェッショナル講座」(リモート)で脳波についてレクチャーした際の質疑応答である。

音声も「ジブリッシュ・プロフェッショナル講座にて脳波解説した後の質疑応答(2020.10.18開催)」のタイトルで公開している。

株式会社笑い総研と協同で進めている「ジブリメーション」(ジブリッシュ×アファーメーションの自己統御法開発プロジェクト)も開設している。

感謝。

 

セルシネ・エイム研究所 和田知浩

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

読書をしていて寝落ちしない方法。あるポータルサイトのライターからの依頼で寄稿した解説。

 先月、「読書をしていて寝落ちしない方法を教えてください」という質問を、あるポータルサイトのライターから頂いた。


 その回答を少々改訂して本ブログにも投稿しておく。自己紹介かたがた、脳波の説明から稿を起こした。
Photo_20200806164701

 横軸が脳波の周波数で、1Hzから30Hzまでを0.5Hz刻みで表示しています。縦軸は経過時間で、上から下に時間が進んでいます。

 この脳波測定例では、就寝の準備を整えた閉眼安静時のαモード(α波優勢)が、測定開始から10分弱続いています。その後、α波が断続的となり、14分45秒辺りでδモードに転換し入眠(寝落ち)したことが分かります。

 

 このように、睡眠状態は脳波を測定することで手に取るように分かることを紹介した。

 次に、就寝してから読書する場合、すぐに寝落ちする人としない人の脳の違いについて話しを展開した。

 

 読書行動は、内容に興味があり且つ理解できていることで持続します。脳内では、オレキシンという神経伝達物質が覚醒状態を維持させる根本機能として働きます。

 また、本の内容によって覚醒タイプが分けられます。すなわち、安らぎ系はセロトニンを、熱中系はドーパミンを、激怒系はノルアドレナリンの分泌をそれぞれ促します。

 このように、覚醒を支えるオレキシンと、覚醒トライアングルのいずれかが呼応して読書行動を維持しますから、適切な内容の本を選択することがとても大切です。

 

 さらに、授業中や仕事中などの寝てはいけない状況下で寝落ちしてしまう人の特徴に言及した。

 

 読書と同じように、興味を持ち理解して取り組んでいる手応えが大切です。ただし、いくら覚醒の根本物質とトライアングル物質が分泌されても、脳自体のエネルギー源であるブドウ糖とそれを燃やすための酸素が足りなければ、脳の効率的な活動を維持することはできません。

 さらに、脳活動の結果代謝される疲労物質のアデノシンは、覚醒のトライアングル物質などの働きを阻害する役割を担っています。脳の活動を抑え、睡眠によって疲労回復するためです。

 このように、脳のエネルギー不足と疲労物質の蓄積が寝落ちを誘発します。

また、睡眠時無呼吸症候群の症状が昼間の寝落ち原因となっているケースも少なくありません。

 

 そして、次のようにまとめた。

 

 これまでに述べてきたように、取り組む対象に興味を持つことと理解することが大切です。興味を持つための一つの方法は、取り組んだ結果得られるであろう報酬を明確にすることです。報酬とは、誰かの笑顔や金銭、問題解決など多様です。わくわくする報酬を是非書き出してみてください。オレキシンやドーパミンの分泌が高まります。

 理解して取り組むためには、予習しておくことが効果的です。JR(準備と練習)することで理解が深まります。脳はβモードの焦った状態ではなく、αモードの落ち着いた集中状態となり効果的に能力を発揮できます。

 脳のエネルギー源であるブドウ糖は、炭水化物の摂取で蓄えられます。ただし、これを意識しすぎるよりもバランス良く食事することが大切です。また、折角のブドウ糖も、ビタミンB群の助けが無ければ脳で代謝されることができません。

 疲労物質アデノシンの働きを一時的にシャットアウトして脳を覚醒させるのがカフェインです。コーヒーや緑茶などを飲むのは効果的です。ただし、飲み過ぎは良くありません。特に妊娠及び授乳期の女性は注意してください。

 ビタミンB群とカフェインが含まれる栄養ドリンクを一時しのぎに飲むのも効果的です。(寄稿には栄養ドリンクの商品名も示したが、ここでは割愛させていただく)

 新鮮な空気を深呼吸することも効果的です。ヨーガ行者は呼吸法の実践で脳を飛躍的に覚醒させます。このことは、脳波にもα波の増強という形でハッキリと表れます。「片鼻呼吸法」や「火の呼吸」等がありますから、ご自身で探究してみてください。

 睡眠時無呼吸症候群の被験者の睡眠脳波を測定すると分かりますが、αモードが途切れてδθ混合モードの入眠になるとすぐにイビキが始まって覚醒する、これを何度も繰り返してしまいます。弛緩する度に舌根が気道を塞ぐのです。

 このような症状の人は、適切な枕を用意したり、寝姿勢を横向きにする等の工夫が効果的です。

 

おまけとして、読書をしていて眠くならない方法にも言及した。

 

 読書する場所や姿勢、視線、時間帯も重要です。

 例えばベッドに入って読書すると眠たくなるのも当然です。ベッドに入ると眠るという条件付けが普通は形成されているからです。また、この条件付けは、逆の不眠症に陥るのを避けるためにも大切にしてください。

 姿勢も、背筋を丸めると寝落ちしやすくなります。背筋を伸ばして読書すると覚醒を保ちやすくなります。

 視線が下向きになりすぎないことも重要です。下向きすぎると、催眠誘導と同じような効果を受けて寝落ちしやすくなります。本を置く高さと、それを見る視線の角度に注意してください。

 私達の生理は、旭を浴びてから約16時間後に入眠するようにプログラムされています。しかし、夜中にPCやスマホの光を見ていると、旭と同じような作用により寝付きが悪くなったり、16時間後には逆に眠くなったりして生活リズムが乱れます。

 また、適度な運動と規則正しい食事も体内時計を整えるのには重要です。

 

 こんなことを書いて寄稿した。本ブログの読者にも参考にして頂ければ幸いである。

 

セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

全ての脳波測定が終わった被験者がスピリチュアルな言葉を発した。・・・時を翔た女性に関する番外考察。

「一番最初の脳波測定でここに座ったときにもう癒やされ・・・。あー、これを得に来たんだなーと感じました」

昨年夏、3度の「脳波測定/脳コン解析サービス」をご利用頂き、そして今回は2週に渡る実施のオファーをくださった治療院マーケティング研究所での出来事だ。

同研究所は施術のエキスパートのプロモーションを手掛けており、施術の効果を実証する一つの指標として脳波測定を採用されている。

今回も心や身体に不調を感じている被験者が集められ、ある施術を受ける前と後の脳波を測定した。

これまでと違ったのは、施術情報を事前に一切知らされなかったことだ。また、施術中もパーティションで仕切られ、どのような施術が行われているのか見えない。一つの盲検法だ。ただ、被験者と施術者の会話は漏れ聞こえていた。

冒頭の言葉は、2日目2人目の被験者から発せられた。

この被験者は施術前の脳波が既にα1(スローアルファ)モードで、リラックスしたオープンマインドであることが伺えた。

よって、被術体験が肯定的となるためにはハードルが少し上がったな、と正直感じた。

この種の実験で集められる被験者は「β(ベータ)モード」か「全体の脳波電位が低い」場合が殆どで、更には、緊張感によって表情筋や眼筋の振動が生じて正確な脳波が測れないことすらあるのだが・・・。

脳波の種類(周波数)とその特徴は、このURLに掲載している。
https://selsyne.com/aim/nowhadas/index.htm#nouhanohyou

α1かα2(ミッドアルファ)が伸びれば、施術が肯定的と評価する。また、全周波数のバランスと強さから脳の聡明度を算出する。さらに、脳波測定中の被験者をつぶさに観察して、補正することも重要である。

約1時間後、被術体験を終えたその女性が脳波測定スペースに戻ってきた。

α1がさらに高まるのか、それとも否定的となるのか・・・

センサーを再び装着して脳波測定を開始した。程なくして、α1モードではあるものの施術前ほどではないことが見えてきた。しかし、一瞬でも特徴的な脳波が出るかもしれない・・・。最後まで脳波を観察したが、結局何も起こらなかった。

サプリメントでも音楽でも、アロマの香りや可愛い動物を見たときでも、その肯定的反応は、1回目よりも2回目の方が若干下がるというのは良くあることだ。むしろそうなることの方が多い。

肯定的結果や何かを期待する測定者(私)の態度は当然よろしくない、よろしくないのだが仕方ないことでもある。もちろん被験者には悟られないように、ポーカーフェイスで作業する。

「被術前の脳波測定」→「被術後の脳波測定」→「測定結果を示しながらコメントするビデオ撮影」。被験者毎に、私の役割はこのルーティーンで進んでいく。

さーて、この結果を何とコメントしようか・・・。私が頭をフル回転させているとき、女性が施術先生に発した。それが冒頭の言葉である。

「一番最初の脳波測定でここに座ったときにもう癒やされ・・・。あー、これを得に来たんだなーと感じました」

この言葉を聞いて思わず興奮した私は、二人の会話に割って入った。「そういうことでしたか! だから施術前なのにオープンマインドで癒やされていたんですね」と。

施術前の脳波測定をする時には、既に施術を受けた結果を先取りして体感していたというのだ。

普段なら絶対にしないことだが、測定結果のグラフを再生しながら女性に見せた。情報共有して、さらなる情報交換をしたかったからだ。

ビフォー/アフターの脳波測定をして30有余年、この様な出来事は初めてだ。もしかするとそのような事もあったのかもしれない。しかし、被験者自身が明確に言葉で発したことはこれまで一度も無かった。

今回の脳波測定を単純に統計処理すると、この被験者分は否定的な方に振れてしまう。よって、プロジェクトの目的に鑑みると嬉しくない出来事なのだが。

1日目には施術の効果が劇的に現れた男性、一週間後の2日目にはこの様なスピリチュアル体験を報告してくれた女性。コロナ禍による政府からの自粛要請が明けて初めての脳波測定となった本プロジェクトは大変有意義なものとなった。

10時間ほどの脳波測定を終えて意気揚々とビルを出ると、もうすっかり日が暮れた新宿の街に都庁舎の東京アラートを示す赤が不気味に光っていた。
Photo_20200630023201  

後日、「レポート・カスタマイズ」を無事提出し、番外考察として、今改めてその女性の一件を振り返っている。

昨今、自称スピリチュアリストは大勢いて玉石混淆だ。

思い込みという精神状態も悪いだけではない。思い込める人はある種の突破力を持っていて、能力開発における一つの技法でもある。しかし、思い込む人は“脆(もろ)い”のも事実だ。

“人の良い思い込み者”を石の方に含めるなら、自称スピリチュアリスト達の殆どが石だ。

仕事柄、ダウンジング(振り子やL型ロッド等を持って霊感を引き出す方法)やオーリングテスト、チャネリング、遠隔何チャラを使う人達とたまにお会いする。思い込みの効果ではなくて、本当に対象と情報的コンタクトがとれている人は圧倒的に少ない。

それは、簡単な実験で分かることだ。

さて、今回スピリチュアリティを垣間見せてくれた女性被験者はどうだろう?

被術前に脳波測定の場所に座ったとき、「何らかの思い込み」か「施術現場の良い雰囲気を感受」してα1モードになったのだろうか?

それとも、未来の被術体験を本当に先取りして、その結果、α1モードになったのか?

もしも後者だとしたら、女性は時を翔たということだ。少なくとも女性自身はそうおっしゃった。

拙著「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」にも関連情報を書いたが、意識を今此処一点に集中し続けると、すなわち刹那辺りにまで体験時間を極小化すると、逆に時空が一気に拡大した感覚を覚える。

お坊さん達の修行で使われている方法で、眉唾でも何でも無い。

なお、ここでいうα1(スローアルファ)波は、7.5Hz前後の脳波だ。測定機器の仕様が7.5Hzをα1としているのだが、厳密に言うならば7.5Hzはθ(シータ)波の帯域に属する。

7.5Hzは人体の振動と脳波、そして宇宙の振動が共鳴する周波数である。ある意味、“絶頂”の振動でもある。

色んな実験をする中でこのことに気づいた30年前、脳波測定器メーカーからの接待を受けた後、改めて(その頃務めていた会社の)社長と飲み直しているときにこのことを報告した。

「和田君、面白いけど本には書けないな・・・」と言われた。ちょっとHな話しが絡むからだ。

20年前に独立してからは、自身の責任と権利でこのことを発信し続けてきた。マスコミから取材を受けたときやヒト試験、能力開発、アダルトビデオの撮影現場など、あらゆる脳波測定の場面で話題にしてきた。(「7.5Hzの振動・・・」が脱線して一人歩きしている感も否めない。大切なのはそれぞれの共鳴である)

今回こうした形で改めて捉えることができた興奮が、私に新鮮なワクワク感を呼び戻してくれた。感謝!

この様なケースが今後増えるかもしれない。ビフォー/アフターの評価方法をブラッシュアップしていく必要があるとも感じた。

なお、先ほど「・・・本当に対象と情報的コンタクトがとれている人は圧倒的に少ない」と述べたが、これは、時空を超えた情報的コンタクトが本当にとれると私が認めた人がいる、というメッセージでもあることに言及しておく。


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

大きな器の如く在れ!

自分の器が広がった瞬間を体感したことがあるだろうか?

例えば、誰かに対して怒りを感じながら瞑想に入ったとき、怒エネルギーの入った枠(器)が心の中で“ふっ”と緩んで穏やかな気持ちになることがある。

正しく自問自答の瞑想を積むと、普段の在り様から「器の大きい人物」となる。

それを傍から見ると、“鈍感”とか“優柔不断”と映ったりすることもある。器の大きい人は、誰かからの仕打ちも心に刺さらない、心に響かないのだ。

小さな器に入った水はすぐに波立つが、そんな小さな器がぶつかったぐらいでは、大きな器の太平は変わらない。

5年前、ツイッターに次のようなつぶやきを投稿をした。

『20年程前、セミナールームに高級スピーカーを導入した時に驚きました。小さめのボリュームにしておいて、後ろから前のスピーカーに近づいて行っても一定の音量に感じました。安いスピーカーだと、近づくとキンキンうるさく、離れると音が小さくて聞こえません。人の発言も似ているなーと・・・。』
2015年8月1日(土)

だれもがインターネットを使うようになった頃、“メディアリテラシー”の重要性が説かれたが、今もなお重要だと思う。

気を引くための“怒り表現”に迷わされてはいけない。大きな器の如く在れ!


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

能力開発トレーナーとして恥じ入った・・・、SHELLYさんの凄い能力。テレビ朝日の「ハナタカ!優越館」からオファーを頂いて。

「・・・『あかいきつね』と言いながら『みどりのたぬき』とスマホに打ち込むことは難しい。また、その理由をコメントして頂けませんか?」

テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」スタッフからのメールだった。

難しいもなにも、そんなこと出来ないだろう・・・、と思った。

私はスマホの入力には時間が掛かるが、PCのキーボードならタッチタイピングが出来る。入力中の文節後半で、他に意識を向けながらでも問題なく入力できる。

PCで試してみた。

『あかいきつね』と言いながらキーボードに「みど;■`@!$”・・・」無理だ。

二十数年前に私が指導していた能力開発セミナーで、以下のようなデュアルタスクの課題を余興でやっていたことがある。

課題1.左腕を上下させながら、同じテンポで右腕は三角を描く。

両腕を上げた状態から始めれば、カウント6で再び両腕が上で揃うはずだ。

課題2.左手はパー(全指を伸ばした状態)、右手は親指だけ折った状態から、両手一緒に指を折りながら10まで数える。

カウント10で、最初の状態になるはずだ。

初めての人は出来なくても、少し練習すると誰でも出来るようになる。プチ能力開発の達成感が味わえるのだ。

しかし、今回ご相談頂いた課題は・・・

そういうことは出来ない、という理由を用意して撮影に臨んだ。

撮影クルーを弊社に迎え、撮影の準備が進んでいた時の会話に驚いた。

ディレクター曰く、「SHELLYさんだけ出来たんですよねー。2回やっても・・・」

しぇ、SHELLYさん凄ーい・・・。ビックリした。本当に驚いた。

いつもなら、例えば脳波測定の結果を私が解説するVTRがスタジオで流されて、タレントの皆さんがそれを見るというステップだ。

ところが今回は、既に結果が出ていて、それの事後解説という訳だ。だから、私が解説しているシーンに、それをスタジオで見るワイプのタレントさんはいない。

6月13日に放送された番組の画像をお借りして振り返る。

Hanataka2019061301

 


「これが一発で出来るということは、脳の中の情報処理をするスペースが広くて、複数の作業を同時並行する能力に優れていると思います」

Hanataka2019061302

 


「赤いきつね」と言いながら「みどりのたぬき」と入力できるか。ペルセペスさんからのハナタカ投稿だ。

Hanataka2019061303

 

前振りの後、スタジオの皆さんが挑戦していくがことごとく失敗。

Hanataka2019061304

 


途中、ボケとツッコミがありながら・・・

Hanataka2019061305

 


そんな中、SHELLYさんだけが出来た!

Hanataka2019061306

 


「この場合、喋ることと文字を打つという別のことを、どちらも1つの脳から指示を出そうとしています」

Hanataka2019061307

 


「脳の作業記憶は、2つ以上の処理を同時におこなうことは苦手なんですが、中には信号をうまく切り替えて、高速で複数の処理を出来る人もいます」

Hanataka2019061308

 


「SHELLYさんのような複数の言語を処理できるような方は、そういう能力が発達したのではないかと考えられます」

Hanataka2019061309

 


「何歳になってからでも脳の処理能力は鍛えることが出来るので、ぜひ日常的にやってみて欲しいです」

Hanataka2019061310

 


脳の働きは何歳になってからでも、(粘土を練り直すように)再構築することが出来る。この性質を“脳の可塑性”という。

それにしても、SHELLYさんの能力には驚いた。

この実験結果を聞いたとき、すぐに「SHELLYさんがバイリンガルだからか」と思い当たった。

もしかすると3カ国語以上話せるマルチリンガルかもしれないので、ディレクターと相談して、「複数の言語を処理できる」という表現にした。

私は昨今の“早期英語学習熱”には首をかしげる一人だが、SHELLYさんの脳内で“能力の波及効果”が生じていることは確かである。すなわち、ある能力が活性化すると、関連する周辺の能力も引っ張られるように顕在化する現象だ。

ある能力が活性化すると、その働きを担う脳の領野が実際に広くなる。広くなった領野で余裕を持って関連能力を発揮できるのだ。

キーワードは、「デュアル(マルチ)タスク」と「ワーキングメモリー」である。

ワーキングメモリーについては、セルシネのYouTubeチャンネルに掲載した動画「情報循環モデルの中の理性的自我の役割を知る」でも触れているので参考まで。

Hanataka2019061311

 

 

SHELLYさんの脳を覗いてみたくなった。

SHELLYさんのことはテレビでお見かけするぐらいしか知らないので、本当はもっと別の理由もあるかもしれない。

それにしても、このお話を頂いたときに「そんなことは出来ないだろう」と性急に思い込んでしまった自分が恥ずかしい。能力開発トレーナー失格である。

改めて能力開発の大きな可能性に気づかせてくれた番組とSHELLYさんに感謝。

セルシネの「テレビ番組協力実績」紹介ページ


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

NHKBSプレミアム「偉人たちの健康診断」からのオファーで、新選組・土方歳三も実践した秘伝の呼吸法を脳波測定で検証。

NHKBSプレミアム「偉人たちの健康診断」~新選組・土方歳三“お掃除男子”美肌の秘密~で、私が脳波測定で協力したシーンが放送されたので振り返りたいと思う。

OA画像を、いつものように弊社「テレビ番組協力実績」紹介ページにも掲載させて頂いた。

番組から脳波測定のオファーを頂いた目的は、土方歳三が入門した日野宿本陣 天然理心流道場に伝わる秘伝の呼吸法を検証することだった。

ロケは4月20日(土)に日野市東部会館の大ホールで行われた。

ロケ現場近くに歳三の生家「土方歳三資料館」があることを知り寄ってみたが、残念ながら当日は閉館していた。

Ijintachinokenkousindan01

 


5月30日に放送された内容から、歳三の人となりをピックアップしてみよう。

1835(天保6)年、現在の東京・日野市に生誕。農民の出で、「新選組の鬼の副長」と呼ばれた。享年35歳。

Ijintachinokenkousindan02

 


本郷和人氏(東京大学史料編纂所 教授)曰く、「京都を舞台に一所懸命治安維持に務めた。だけど、時勢が見方をしてくれなかった。幕府が滅んでいくとき、幕府に準じて最後まで戦った、武士の中の武士という感じがするわけですが、実は彼は農民の子なんです」

日野宿本陣天然理心流道場に入門した歳三は、通常7年掛かると言われる天然理心流中極位目録を1年7ヶ月で修得したそうだ。

Ijintachinokenkousindan03

 


番組は、新選組隊士 井上源三郎の子孫である井上雅雄氏が会長を務める天然理心流日野道場を取材し、歳三が美肌であった理由を探った。

Ijintachinokenkousindan04

 


これが柔術を取り入れた天然理心流の極めて特徴的な技で、体幹と下半身の筋肉が鍛えられるのだそうだ。

Ijintachinokenkousindan05

 


歳三は通常の4倍以上のスピードで天然理心流中極位目録を修得したのだから、勝れた筋力を体幹と下半身に有していたであろう、そしてこのことが美肌の理由である可能性だと番組は展開した。

錦織秀氏(ポーラ化成工業 研究員)によると、日本人女性100人を調査した結果、体幹と下半身の筋肉量(80%の筋肉がある)が多い人ほど、顔のシミが少ないという相関関係があったとのこと。

Ijintachinokenkousindan06

 


同氏によると、筋肉で生成されるマイオネクチン(myonectin)というホルモンが、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える働きがあるのだそうだ。(2018年にポーラ化成工業フロンティアリサーチセンターが発表)

Ijintachinokenkousindan07


さらに、美肌を保つ天然理心流秘伝の呼吸法が紹介された。今回初めてテレビで紹介されるという指南書「剣法名談録」である。

Ijintachinokenkousindan08


その呼吸法(意気込みの術)とは次の通りである。

「両ひざを開き、腰を上げ、ヘソを上に向け、腹にゆっくり空気をためて、肛門を引きしめ、少しずつ息を出し入れする」

前出の井上氏によると、「この呼吸法を取り入れると、無になって、感情を抑えて、実力を出すことができる」のだそうだ。

 

Ijintachinokenkousindan09


貝谷久宣氏(京都府立医科大学 客員教授)によると、「呼吸をゆっくりすることによって怒りとか激しい陰性感情が抑えられる」とのこと。

Ijintachinokenkousindan10

 


そして、私が脳波測定した様子が紹介された。

Ijintachinokenkousindan11

 


解析の結果、秘伝の呼吸法前後で一貫してミッドα波(α2)が優勢で、θ波の出現量は前に比べて後が増したことが分かった。

ミッドα波が一貫して優勢であることは「落ち着いた意識集中」状態であると言える。また、θ波が増えたことは、ヨーガの行者や禅僧が空観を得たような心的状態で、いわゆる「覚醒θ波」である。

全周波的に電位は然程高くなかったので、この脳波バランスで電位が増してくると達人級となるだろう。

番組が紹介した脳波グラフがこれだ。綺麗なグラフだ。が、しかし、間髪入れずに私の頭の中で「?」が2つ駆け巡った。弊社「セルシネ・エイム研究所」のクレジットが標記されているのだが・・・

Ijintachinokenkousindan12

 


本稿では別の視点から脳波解析の結果を有りの儘に紹介しておきたいと思う。

秘伝の呼吸法を実施した前後の左脳(Fp1)と右脳(Fp2)の脳波を測定し、β波とθ波をピックアップして平均電位、分布率、優勢率の変化量を示したものである。

Ijintachinokenkousindan13

 


全てにおいて、β波が減り(マイナスになり)、θ波が増えている。分布率と優勢率の変化量は「ポイント」である。

β波は「せかせか感」の指標である。

程なく脳波のコーナーは終わり、番組は呼吸法の更なる効用「感情を抑えることが美肌につながる」との紹介へ進んだ。

番組では「感情を抑える」という表現を使っているが、β波が減りθ波が増えた脳は、感情を抑えていると言うよりも「感情を解き放った末に沈静化した聡明感」と言った方がふさわしい。

番組ナレーションで「感情が荒ぶり怒ることで体内にはコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。このコルチゾールが過剰に分泌されることで、肌の水分を保持するセラミドを分解してしまう可能性があることが分かってきました。ゆっくりと息を吸って深呼吸し、怒りを抑えることが潤いのある美肌を保つために重要なのです」と。

Ijintachinokenkousindan14

 


続いて、日比野佐和子医師(2年前に読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」~アンチエイジング第2弾「脳活」 カラオケで脳は若返る!?~で私が脳波測定した際にスタジオで解説された先生)による美肌解説と効果的軽運動/食事が提案された。

Ijintachinokenkousindan15

 


さらに、歳三ならではの空間把握能力が紹介され、スタジオでタレントさん達が空間把握課題に挑戦した。

Ijintachinokenkousindan16

 


そして、同志近藤勇が新政府側に斬首されたのを機に絶望し、そのグリーフ(死別などによる深い悲しみ。悲嘆。苦悩。嘆きのストレス反応。立ち直るのに数年かかる場合もある)状態から立ち直って再び戦う気力が戻ってきた理由が考察された。

番組スタッフは、歳三がグリーフで引きこもっていた会津東山温泉へ向かった。そして、心の傷をすみやかに癒やした原因は、“流れる温泉”にあるのではないかとした。

効果1.~流れの振動が血流量を上昇させる~
流れる浴槽と流れない浴槽で、血流量がこれだけ違う。

Ijintachinokenkousindan17

 


そのため、血液に含まれる鉄分が十分に脳に行き渡り、鉄分を材料に生み出される神経伝達物質セロトニン(抗うつ・抗不安効果をもたらす)が増える。

セロトニンの効果として、論文「うつ・不安にかかわる脳内神経活動と運動による抗うつ・抗不安効果」北一郎 大塚友実 西島壮(2010年)が紹介された。

効果2.~せせらぎの音がリラックスさせる~
聴覚では聞こえない2万ヘルツ以上の超音波振動にリラックス効果がある。

Ijintachinokenkousindan18

 


超高周波数音の効果として、論文「自然環境の発する音(超高周波数音)が人に与える影響」環境科学研究所(石田光男 齋藤順子 永井正則 山田博之)・工業技術センター(岩間貴司)(2010年)が紹介された。

面白かったのは、超音波が届く距離の測定だった。

Ijintachinokenkousindan19

 


せせらぎ音の発生源から数メートル離れるだけで、リラックス効果がある超高周波成分はガクンと減るそうだ。だから、出来るだけ川の近くにいた方が良い。

これを解説されたのは、日本音響研究所の二代目所長 鈴木創氏だ。

Ijintachinokenkousindan20

 


鈴木氏ともテレビ番組の別々のVTRでたまに共演する。今でも人気なのが、ブログ「CDとレコードを聴いたときの脳波。違いはあるのか? 日テレ『所さんの目がテン!』からのオファーで分かったこと。」で、多くの読者を集めている。

今回も沢山の示唆とご縁を頂いた。感謝。


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

情報循環モデルの中の理性的自我の役割を知る。

拙著「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」紹介ページに、動画「情報循環モデルの中の理性的自我の役割を知る」を掲載したので、本ブログには、その原稿と画像を記しておきたい。


こんにちは。セルシネ・エイム研究所の和田知浩です。

この動画では、「情報循環モデル」の中の「理性的自我」の役割についてお話しします。

前回は、「感性的自我」の働きを中心にお話ししました。

Riseitekijiga201961901

 


「出来事」の情報が「感受」され、「表象」「生理」「認識」「感情」「言動」と展開しながら、「現状」を作っていくステップでした。

今回は、「理性的自我」です。

Riseitekijiga201961902

 


「理性的自我」は、「感性的自我」の「感受」から「言動」までを、そして、「出来事」や「現状」をつぶさに巡察します。

その上で、「感性的自我」を的確に統御します。

Riseitekijiga201961903

 


「理性的自我」のステップも、「感性的自我」と同じように6つあります。
 
「離れて」「観て」「感じて」「考えて」「決めて」「遣る」です。それでは、ステップ毎にざっくりとみていきましょう。

Riseitekijiga201961904

 


まず、「離れる」は、何かを切っ掛けに自己改善が必要だと気づいたときです。

例えば、勉強や仕事、趣味などに集中維持が出来なくなった場合、或いは、前回の動画で紹介した、カウンセラーがカフェで噂話を聞いたときや、クライアントから久しぶりにセッションの予約が入ったとき、そして実際に面談したときの、それぞれ嫌な感覚を感じたときです。

こういった嫌な感覚に気づいたときには、既にもう一人の自分、すなわち「理性的自我」が「感性的自我」から離れ掛けています。人生が上手くいかない人の多くは、この中途半端な「離観」のままで、何かおかしい何かおかしいと、ぼんやり酔生夢死のように生きて、そして死んでいきます。

何かの歯車が狂って、自己改善が必要なときには、「理性的自我」が「感性的自我」からしっかりと離れなければいけません。

何かおかしいと気づいたときに離れる方法は、例えば、手首にはめた輪ゴムをパチンとやる、或いは、「離観!」と声に出して、両手で両ほほを叩くなど、様々な方法があります。

もちろん、痛覚を利用しない方法もあります。自分に合った遣り方を見つけてください。

しっかりと離れたら、次にやることは「観る」です。「感性的自我」の「感受」「表象」「生理」「認識」「感情」「言動」をつぶさに巡察する、これを「内観」と言います。そして、「出来事」や「現状」をつぶさに観察する、これを「外観」と言います。

自分の悪い、役に立たなくなった言動パターンが発動しているのを、同時に観察していることもできます。アンガーマネジメントの初動としても効果的です。

次は「感じる」です。「感性的自我」の様子をありのままにしっかりと豊かに感じて、情操を養います。

私達は、自己防衛反応によって、失体感症や失情感症に陥っている場合があります。自己防衛本能を変えようとする努力は不要ですが、自己防衛反応は、必要ならば積極的に変えていって良いものです。

ただし、「離れて」、「観て」、「感じて」という一連の巡察では、「感性的自我」や他人を、或いは「出来事」をジャッジすることは不要です。ただただ、ありのままを「観て」、そして「感じ」ます。

次は「考える」です。ここからはしっかりとジャッジを下していきます。ただし、柔軟性は保ったままです。

ともすれば、「再生的思考」にとどまって、何度も同じ失敗を繰り返しているかもしれません。「再生的思考」を止めて、「生産的思考」で閃きを得ます。

その際は、例えば、次のようなことをチェックします。

過剰に失敗を恐れていないか?

必要以上の完璧さを求めていないか?

どこかに無理が生じていないか?

役に立たない拘り(こだわり)や蟠り(わだかまり)がないか? などです。

この思考の前提として、次のような考え方も有益です。

「失敗したとしても、その後の対処次第で自身の真価を示すことが出来る」

「嫌いなことや失敗を避けようとする努力は、“努力逆転の法則”に陥りやすいが、好きなことや成功した結果のイメージを背景に、今此処に集中して努力すると“努力順転の法則”を生きることが出来る。この法則を体現するためにどうするか」 などです。

また、他者や環境との整合性を見極める“エコロジー・チェック”や、倫理や道徳に心を配る“エシカル・チェック”なども重要です。

次は「決める」です。決断して、結果を覚悟することと言ってもいいでしょう。

前のステップの「考え」の決着であると共に、次のステップの「遣る」の結果を先取りした決着でもあります。「考え」と「遣る」をしっかりと繋げて実現を約束することです。

本にも紹介した通り、私が会社勤めで中間管理職に就いていたときに実践していたアファーメーション、「私は責任を持って決断し実行します。」は、この、「考えて」「決めて」「遣る」、の一連を宣言していたわけです。

「私は責任を持って決断し実行しています。」と、現在進行形で宣言するのも良いでしょう。

そして最後は「遣る」です。「天使のように大胆に、悪魔のように繊細に」「感性的自我」を統御して現実化します。

「離れて」「観て」「感じて」「考えて」「決めて」まで、全てに接続助詞の「て」をつけている理由は、6ステップの一連を切れ目なく続けて行い、最後の「遣る」、で仕留めるということを示すためです。

うまくいかなかった事柄の後に、それを思い出しながら、6ステップを時間を掛けて行うことも出来ますが、うまくいっていない最中に、6ステップを行い改善することも出来ます。

ただし、最中に行うためには、ワーキングメモリーの活性化が欠かせません。

ワーキングメモリーとは単なる記憶ではなくて、この様な6ステップをリアルタイムに働かせる機能も含みます。

ワーキングメモリーを活性化させる「抗ストループ訓練」や、「速話聴取法」、そして、ワーキングメモリー能力を判定する様々な動画を、セルシネのYouTubeチャンネルに用意していますので、是非ご利用ください。

Riseitekijiga201961905

 


前回の動画で解説した「感性的自我」が『水平の6ステップ』であり、今回の「理性的自我」が『垂直の6ステップ』です。

この情報循環モデルの自己統御法を「T型12ステップ法」と呼びます。

Riseitekijiga201961906

 


何かが上手くいかないとき、例えば、目標達成や能力開発がなかなか進まないとき、或いは人間関係でつまずいたとき、そういったときに、自分のどこに注目して自己改善すれば良いのか、そして、自分の何を生かせば良いのか、そんな視点のお話しを、二本の動画に渡ってしてきました。

いかがでしょうか? 詳しい内容と遣り方は、この本、「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」に書いていますので、参考にしてください。

Riseitekijiga201961907

 


また、パーソナルサポートやセミナーのプログラムも用意しておりますので、是非ご利用ください。


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

動画「目標達成や人間関係がうまくいかない時の自己改善法を『情報循環モデル』の視点で考える」の原稿と画像。

拙著「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」紹介ページ
に、動画「目標達成や人間関係がうまくいかない時の自己改善法を『情報循環モデル』の視点で考える」を掲載したので、本ブログには、その原稿と画像を記しておきたい。


 こんにちは。セルシネ・エイム研究所の和田知浩です。

Jyouhoujyunkanmodel1

 この動画では、何かが上手くいかないとき、例えば、目標達成や能力開発がなかなか進まないとき、或いは人間関係でつまずいたとき、そういったときに、自分のどこに注目して自己改善すれば良いのか、その視点をお話しします。

 こんなシチュエーションを想像してみてください。

 ここはカフェです。あるカウンセラーがカウンターに座って軽食を摂っていました。すると、そのカフェへ、3,4人の客が入ってきて、後ろの少し離れたボックス席に案内されたようです。
 カウンセラーが、その人達の会話を聞くとはなしに聞いていると、何やら自分のことを話しているようでした。

 「あのカウンセラー、どう?」
 「ダメ~! 私に合わないわ・・・」

そして一週間後、その人だと思っていたクライアントがカウンセラーの元に来て言いました。

 「また調子が悪くなって・・・」

 そのときカウンセラーは何を思い、どんな話しをするでしょうか? 表情は? 態度はどうでしょうか?

 さて、同じカウンセラーがこんな体験をしたらどうでしょう。

 カウンターに座って軽食を摂っていると、3,4人の客が入ってきて、後ろの少し離れたボックス席に案内されたようです。
 カウンセラーが、その人達の会話を聞くとはなしに聞いていると、何やら自分のことを話しているようでした。

 「あのカウンセラー、どう?」
 「いいわよ~! 私に合ってる・・・」

 そして一週間後、その人だと思っていたクライアントがカウンセラーの元に来て言いました。

 「また調子が悪くなって・・・」

 そのときカウンセラーは何を思い、どんな話しをするでしょうか? 表情は? 態度はどうでしょうか?

 同じカウンセラーが同じクライアントから同じ相談を受けても、恐らくカウンセラーが提供するアドバイスは違うのではないでしょうか。そして、それによってクライアントの反応も変わってきます。

 もしも同じ様にアドバイスをしたとすれば、そのカウンセラーはいい意味で、よほどの鈍感か、記憶力が乏しいか、天真爛漫か、自制心の達人か、或いは最上級の人格者かもしれません。

 セミナーでこの質問をすると、前者と後者のカウンセラーのアドバイスの違いについて、様々な角度からの意見が出ます。

 一般的には、前者はクライアントに対して反感を抱いたり、自信を無くしていて、今回の相談は良い結果が得られないかもしれません。或いは逆に、開き直って肩の力が抜け、結果的に適切なアドバイスをするかもしれません。

 一方、後者は、クライアントに対して好感を抱いていて、今回の相談にも積極的に、適切なアドバイスができるかもしれませし、逆に、変なプレッシャーを感じて、不調に終わってしまうかもしれません。

 パーソナル・マインド・フィルターは百人百様ですから、カウンセラーの反応や思考をここで特定することはできません。

 この動画では、ここを掘り下げることはしませんが、とにかく、事前の思い込みの違いによって、その後、同じことを体験しても、多くの人はアクションとリアクションが違ってくる、ということにして、話しを進めたいと思います。

 様々な職場で、同じようなことが起こっています。職場に限らず、人が集まる人間関係の場で、或いは自分一人しかいない無人島でも、私達は思い込みのフィルターを通して体験し、そして反応しています。

 それでは、自己改善するにあたって、理解するべき「情報循環モデル」について、ざっくりと見ていきましょう。

 これが、「情報循環モデル」です。

Jyouhoujyunkanmodel6

 「出来事」の情報が「本人」を通って、「現状」に出ています。それが「環境」となって、再び「出来事」を作って、そして「本人」に再び入ります。これが繰り返されます。

 「現状」というのは、「本人」のアクションに大きく影響されます。そして、「出来事」に対する本人のリアクションによっても作られます。

 もちろん「現状」や「環境」、「出来事」は、他人やその他からの影響も沢山受けます。しかし、「本人」周辺は、「本人」が発したアクションとリアクションに強く影響され続けます。

 もしも今、あなたがこういう状態ならば、小難しいことをわざわざ考える必要はありません。今のまま人生をエンジョイしてください。そして、果敢に何かに挑戦することもあるでしょう。

Jyouhoujyunkanmodel7

 しかし、もしも・・・

 今のあなたがこういう状態ならば、我武者羅に頑張ったり、何かから逃げたり、無駄な喧嘩をしたり、或いは諦めたりする前に、自身の中の狂った歯車を適切に改善すると良いでしょう。

Jyouhoujyunkanmodel8

 このレベルで気づくことが大切です。狂った歯車のまま、我武者羅に頑張ったり試行錯誤していると、益々悪循環に陥ってしまうからです。
 そうなると、心の専門家にお世話になったり、回復までに長い年月が必要になってしまいます。

 「心構え」というのは、物事に対処するための心の準備、予め備えられた“型”のようなものです。また、「心構え」というのは、本人の体験によって作られたもので、ほぼ無意識的に機能しています。

Jyouhoujyunkanmodel9

 「自身の中の狂った歯車を適切に改善する」というのは、この「心構え」を改善するということです。それでは、「心構え」の働きを、ステップ毎に分けて見ていきましょう。

 ステップは6つあります。

Jyouhoujyunkanmodel10

 現状に作用するアクシ ョンとリアクションとは何か? それは、「言動」です。

Jyouhoujyunkanmodel11

 この「言動」のベクトルを決めるもの、すなわち言動の方向性と強さを決めるのは、「感情」です。

Jyouhoujyunkanmodel12

 そして、その「感情」を作るのは、「認識」です。「思い込み」と言ってもいいでしょう。

Jyouhoujyunkanmodel13

先ほどのカウンセラーも、カフェでの他人の会話が自分のことを話題にしていると「思い込んだ」わけです。「認識」というのは、実際の出来事によって作られるのではなくて、本人が思い込んだことで作られます。

 それでは「認識」は何によって作られるのか? それは、「生理」現象です。「生理」現象によって、「認識」度の強弱が決まったりします。

Jyouhoujyunkanmodel14

 例えば、「吊り橋効果」や、「笑うから楽しいのか、楽しいから笑うのか」などの考察は、この辺りを検討しているわけです。

 先ほどの例で実際に起こったことは、クライアントが来訪して、「また調子が悪くなって・・・」と言ったことだけです。

Jyouhoujyunkanmodel15

しかし、カウンセラーにあった事前の「心構え」の違いによって、クライアントの言葉に「生理」が反応し、前者はこうなり、

Jyouhoujyunkanmodel16

後者はこうなったかもしれません。

Jyouhoujyunkanmodel17

 カフェでの体験によってできたカウンセラーの「心構え」は、そのクライアントから久しぶりにセッションの申込みがあった段階でも、既に何らかの「生理」現象が起動するようになっていたかもしれません。

 それでは、「生理」は何によって作られるのか? それは、「表象」です。入力されてきた個々の刺激を、ひとまとまりの形に再構成した心の印象です。

Jyouhoujyunkanmodel18 

 そしてもう一つ、「生理」を作るルートがあります。それは、食物や酸素の摂取です。「心構え」を作る上で、このルートも大変重要です。

Jyouhoujyunkanmodel19

 それでは、「表象」の元となるものは何か? それは、「感受」です。

Jyouhoujyunkanmodel20 

 感覚器官で受け取った刺激の影響は、「感受」では快/不快/中性という風にシンプルですが、感覚記憶の働きによって、この段階で既に、有りの儘の情報が少しだけ変容しています。

 こういったルートを情報が縦横無尽に内循環、或いは超内循環して「心構え」を作っています。感覚記憶の影響を受ける「感受」を含めて、各ステップは記憶から影響を受けますから、普通は、このステップ順を固定的に考える必要はありません。

Jyouhoujyunkanmodel21

 「心構え」は出来事に反応して、「現状」という結果を作ります。そして、その結果は記憶され、「心構え」を更に変容していきます。

 私達の「心構え」は、沢山の情報入力に曝されています。

 例えば、上司や同僚、部下、業者、顧客、ご近所、PTA、サークル、クラスメート、家族、マスコミなどからです。

 特に、権威者や好きな人からの情報は、無防備に循環し、強化されます。

 例えば、 “ピグマリオン効果”(被期待効果) 、“プラシーボ効果”(偽薬効果)、“ハロー効果”(後光効果) 、“ホーソン効果”(被注目効果)などもあります。

 この情報循環を、自身の手でしっかりとマネジメントすることが重要です。

 現状を変えるには、感受から言動までのどこかに、楔を打ち込む必要があります。

Jyouhoujyunkanmodel22

 自己改善するための心理学は沢山ありますが、それらは全て、このステップのどこかに、何らかのアプローチをする訳です。

 情報が内循環する経路は2つあります。“内感経路”と“外感経路”です。

Jyouhoujyunkanmodel23

 内感経路は、記憶を想起したり、想像を巡らしているときの内的入口です。
 外感経路は、出来事など、現実世界に意識を向けているときの外的入口です。

 賢く生きるために、或いは素早く言動するために、記憶力や想像力はとても重要です。しかし、時として自分を苦しめる元凶となっていることもあります。

 長く尾を引く“間違った心構え”は、この内感経路から影響を受けています。

 この様なときは、内感から離れて、極力「表象」や「感受」の外感経路に意識を留め置くことが、“今此処”のフレッシュな世界を享受するコツです。

 ここまでお話ししてきた、ほぼ無意識の「心構え」を、「感性的自我」といいます。

Jyouhoujyunkanmodel24

 最初にお話しした通り、この「感性的自我」のままで人生をエンジョイできているのならば、素晴らしいです。理想の在り方です。

 しかし、「心構え」の歯車が狂っているならば、「感性的自我」から、もう一人の自分が一旦離れて、自己改善しなければなりません。その、もう一人の自分のことを、「理性的自我」と言います。

Jyouhoujyunkanmodel25

 先ほどのカウンセラーの例では、そもそもカフェで噂話を耳にしていたとき、自身の「表象」や外側の「出来事」を、「理性的自我」が点検することで、勘違いを避けることができたかもしれません。

 「理性的自我」は、「感性的自我」の様子をしっかりと観察しながら、必要ならば、必要な箇所に楔を打ち込んで、自己改善します。
 
 「感性的自我」の働きは、「慣性の法則」に似ています。すなわち、「物体が外力を受けないとき、その物体の運動は一定を保ち続ける」、という法則です。

Jyouhoujyunkanmodel26

 共鳴現象によって、本人の「心構え」に類似の「出来事」が誘発されやすいので、その外力によって、「感性的自我」は益々スパイラル的に、その「心構え」を強化します。

 或いは、「感性的自我」の在り方に全く関係ない、不可抗力によって突き落とされることもあります。

 この様に、何らかの理由で「感性的自我」の歯車が狂ったときには、「理性的自我」が外力の役割を担って、しっかりと「感性的自我」を改善します。
 
 ただし、この様に2つの自我があるとき、すなわち「観察される自我」と「観察する自我」があるときは、最も素晴らしい、最高の状態であるとは言えません。何かに没頭し、人生を最高にエンジョイしているときは、「“理感一体”である」、ということも、覚えておいてください。

Jyouhoujyunkanmodel27

 以上が、「情報循環モデル」の概要です。詳しい内容と実践方法は、この本「宣言 アファーメーション・バイブル ~言霊の生かし方~」に書いていますので参考にしてください。

Jyouhoujyunkanmodel2

 また、パーソナルサポートやセミナーのプログラムも用意しておりますので、是非ご利用ください。


以上が、昨日アップした動画「目標達成や人間関係がうまくいかない時の自己改善法を『情報循環モデル』の視点で考える」の原稿と画像である。


セルシネ・エイム研究所 和田知浩
https://selsyne.com/aim/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧